本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > 腐ってもやっぱり巨人?                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腐ってもやっぱり巨人?

 調整が遅れている日本ハム・斎藤に対して、巨人の沢村は絶好調。このまま巨人の高笑いが続くのか…。

 巨人初の沖縄2次キャンプが好調だ。初日(20日)に行われた楽天とのオープン戦には1万6567人が集まり、昨21日も観衆は5000人。宮崎でキャンプを行っているソフトバンクの7500人、安芸でキャンプを行っている阪神の7000人は別格として、沖縄県内でキャンプを張っている球団の中では断トツの集客力だ。

 キャンプ前は、日本ハムのルーキー、斎藤佑樹投手(22)の人気で、巨人初の沖縄キャンプが霞むのでは? とも懸念されていたが、昨21日の日本ハムキャンプの観衆は、わずか800人…。同じ沖縄県内でも、那覇(人口31万5959人)と名護(人口6万1200人)の都市規模の差があるとはいえ、巨人人気の健在ぶりを示した格好だ。

 おまけに、目玉の斎藤は19日にストレスから腹痛を起こしてダウン。幸い、大事には至らず、翌日から練習を再開させたが、病み上がりとあって軽めの調整が続いている。21日は、ダルビッシュ有投手(24)の左投げ練習の相手をしたり、ティー打撃練習に取り組むなど、「もう大丈夫です」と表情は明るかった。

 それでも、調整遅れは見た目にも明らか。斎藤はここまで6度ブルペンに入っているが、2日の38球、5日の88球、7日の49球、12日の44球、17日の46球、19日の19球と、合計でも284球。16日に巨人の東野峻投手(24)が300球を超える投げ込みを行ったように、投げ込み型の投手なら1日で投げてしまう程度の練習量だ。

 斎藤は、きょう22日にもブルペン入りする予定だが、30~40球程度になる見込み。梨田監督は「これまで通りじっくりやればいい」と焦らずじっくり調整させる考えで、吉井投手コーチも「練習量は斎藤に任せてある。こちらから、これだけやれとは言わない。体調は彼自身が一番わかっているはずだから」と無理をさせない方針だ。

 3月25日の開幕まではあと1カ月ちょっと。急ピッチでペースを上げれば逆に故障の危険性も出てくるだけに、首脳陣は慎重だ。ただ、このままの状態では開幕ローテーション入りはかなり微妙な状況。梨田監督も開幕当初は中継ぎでの起用を示唆している。

 これに対して、巨人のドラフト1位ルーキー、沢村拓一投手(22)は絶好調。斎藤がダウンしたのと同じ19日には寝違いによる首痛を起こし、先発予定だった20日の楽天戦を回避したが、あっという間に回復。昨21日は視察中の滝鼻卓雄オーナー(71)が見守る中で60球を投げ込んだ。

 沢村の力投ぶりに滝鼻オーナーは「球から音が出るのを聞いたのは初めてだね。エース候補? 久しぶりじゃない? ピッチャーの星が出てきてくれた」と満足げ。さらに、「腰回りがしっかりしている。横浜との開幕3連戦の(先発の)一人に入ってほしい。面白いね。お客さんも増えるでしょう」と開幕カードでのデビューに期待を寄せた。

 続けて、「名護のプリンスはどうなの? 大丈夫なの? 沢村の方が心臓に毛が生えてそうだね」とニヤリとしてみせた。もちろん、“名護のプリンス”とは日本ハム・斎藤のこと。斎藤がストレスからダウンしたことや調整が遅れていることは滝鼻オーナーの耳にも入っており、さも、巨人のドラフト戦略が「正解だった」と言わんばかりの口ぶりだ。

 確かに、現時点での調整ぶりでは、沢村の方が大幅にリードしている。観客動員でも日本ハムに大差を付け、注目のルーキー対決でも圧勝の雰囲気。滝鼻オーナーがご機嫌になるのも無理はない。果たして、これから先も巨人の高笑いが続くことになるのかどうか…。



スポンサーサイト
[ 2011/02/22 09:41 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。