本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > 高浜流出は損か得か?                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高浜流出は損か得か?

 案の定、阪神の成長株、高浜がロッテに持っていかれた。これで得をするのはロッテか阪神か…。

 ロッテは1日、FAで阪神に移籍した小林宏投手(32)の人的補償として、高浜卓也内野手(21)を獲得することを正式に発表した。ロッテの石川晃本部長から高浜獲得の通達があったのは2月28日の夜。高浜は1日朝、甲子園球場のクラブハウスに着くなり、沼沢正二球団本部長に呼び出されて「ロッテ行き」を通告された。

 高浜は「ビックリしたというか、言葉がでなかった。『今年はやってやるゾ』という気持ちが強かったですし、3年間、けがばかりで…。阪神に何ひとつ貢献できなかった。本当に申し訳ないと思います。獲ってもらった阪神で、という気持ちが、ものすごくありました」とさすがにショックを隠しきれない様子。

 高浜は2007年のドラフトで“外れ1位”ながら阪神から1巡目指名を受けて入団。横浜高校時代から痛めていた膝の故障もあって、プロ3年間で1軍出場は一度もない。だが、今年はキャンプから好調で、実戦6試合では14打数8安打2打点、打率.571と活躍。ようやく芽が出てきた若虎に、首脳陣の期待も高かった。

 沼沢本部長は「『野球界の規約に従って、すべてがすべてプロテクトできなかった。断腸の思いだ』と言葉をかけた。次はオープン戦で会うか、交流戦で会うかという風に激励した。芽を出すのを頭叩くわけにはいかんし…。彼にとっては向こうでチャンス。チャンスをつかんで1軍でやってほしい」と話し、真弓明信監督も「もったいないよな、そりゃあ。せっかく、いい状態だったしね。あれだけ調子がよくて、活躍していたから、予想はしてたけど」と高浜の流出を惜しんだ。

 さらには、虎の総帥、坂井信也オーナーまでもが「ルールですけどね…。非常に残念です。未練はありますが、彼にとってはチャンス。ぜひとも活躍してほしいし、できると思う。頑張ってもらって将来FAで阪神に戻ってきてほしい」と悔しがった。

 とはいえ、高浜が阪神に残っていたとしても、果たして、どれだけの出番があっただろうか…。遊撃には鳥谷がいて、三塁には新井貴、二塁には平野がいる。鳥谷が故障でもすればレギュラー候補の一番手となるが、現状では1軍フル出場は難しい状態だ。

 一方のロッテは内野陣が手薄。西岡がツインズに移籍し、今江も左ふくらはぎの肉離れで開幕は微妙な状態。高浜が、荻野貴、根元、細谷らの三遊間争いに割って入る可能性は十分にある。ロッテの西村徳文監督も「戦力として必要。打力はいいものを持っている。周りの選手たちにも刺激になる」と期待を寄せている。

 そもそも、小林宏は海外FA権の行使を宣言したものの、メジャーからのオファーがなかったことで阪神が獲得した。もし、小林宏がメジャーに移籍していれば、人的補償はなかったわけで、生きのいい若手野手を獲得できたのはロッテにとっては大きな「得」となった格好だ。

 一方の阪神は「損」をしたのかとなると、あながちそうとも言い切れない。元々、阪神は若手選手の育成が下手。今のレギュラーも大半が他球団から移籍してきた選手だ。坂井オーナーの言う通り、ロッテに武者修行に出すつもりで、将来、FAで阪神に戻ってくるという青写真が現実となれば、それほど「損」というわけではない。むしろ、小林宏の獲得で中継ぎ陣が強化されたわけだから、「得」の方が大きいという考え方もできる。

 高浜もオーナーの言葉を受けて、「今はFA権を取る選手じゃないですけど、ロッテに行って頑張ってFA取って、一番最初に獲ってくれた球団である阪神にも『戻ってこい』と言ってもらえる選手になりたいです」と話す。高浜が国内FA権を取得するのは早くても2018年。果たして、その頃には1軍戦力として大成し、再び虎に迎え入れられることになるのかどうか…。


スポンサーサイト
[ 2011/03/02 09:54 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。