本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > あのクルーンが電撃復帰!?                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あのクルーンが電撃復帰!?

 昨年限りで巨人をクビになったクルーンが日本球界復帰を熱望。球界最速男の願いは叶うか…。

 最高球速162キロの日本プロ野球記録を持ち、横浜、巨人の6年間で通算177セーブ挙げたマーク・クルーン投手(37)が、日本球界への復帰を熱望している。

 守護神としての実績は申し分ないのだが、昨年は故障の影響もあって精彩を欠き、25セーブを挙げながらも防御率は4.26と大幅に悪化。その安定感のなさから、ハラハラドキドキする「クルーン劇場」などとも評された。

 さらに、昨年のクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージ前には、読売グループの総帥、渡辺恒雄球団会長(84)が「クルーンは使っちゃいかんね。クルーンはいらんよ。クルーンだけで5敗しているんだ。クルーンのおかげで優勝を失したみたいなものだよ」と猛批判。さらに、クルーンが最後の打者をアウトに取って試合に勝利した瞬間、両腕を頭上に上げて天を見上げるパフォーマンスについても「点差を縮めてギリギリで勝ったのに、自分が勝ったみたいな顔してるじゃねえか。ああいうのはいらんよ」とバッサリ斬り捨てた。

 結局、クルーンは巨人をクビに…。他球団への移籍も模索したが、どこからも声はかからず、今年1月24日に米大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。

 アリゾナでのキャンプには招待選手として参加。5日のアスレチックス戦では八回から登板し、1死から四球を出したものの、後続を三ゴロ併殺に打ち取り、無失点で切り抜けた。この日の最高球速は94マイル(約151キロ)。対戦したアスレチックスには松井秀喜外野手(36)が所属していることから、クルーンは日本の報道陣からも取材を受けた。

 その中でクルーンは「日本が恋しいよ。ヤキニク? 『叙々苑』ダイスキ! 上カルビが懐かしい。日本の牛肉や米は最高だよ」と日本を懐かしみ、「いつ日本から声がかかっても大丈夫なように、服やパソコンなど、ほとんどの荷物は川崎市内の倉庫に保管してあるんだ。日本の携帯電話の料金も払い続けている。何が起こるか分からないから」と日本球界復帰を熱望していることを明かした。

 実際のところ、ジャイアンツには昨年、両リーグ最多の48セーブを挙げた絶対的守護神のブライアン・ウィルソン投手(28)がおり、クルーンがメジャーに昇格できるかどうかはかなり微妙だ。

 一方、日本球界では守護神不在に頭を悩ませている球団がある。クルーンをクビにした当の巨人でさえ、代役として獲得したジョナサン・アルバラデホ投手(28)は期待外れ。育成選手から徐々に評価を上げてきたレビ・ロメロ投手(26)もクイックモーションに難があるとされている。このため昨年、中継ぎ→先発→中継ぎと起用法がコロコロと変わった山口鉄也投手(27)を抑えに固定するプランも浮上している。

 また、楽天も川岸強投手(31)、小山伸一郎投手(32)と、抑え候補はいるのだが、絶対的守護神となると、ちょっと心許ない。新外国人の金炳賢投手(32)もとっくに全盛期を過ぎている。このため、星野仙一監督(64)は外国人による補強を目指しており、現在、スカウトが渡米して情報を収集中だ。

 ロッテも昨年29セーブを挙げた小林宏投手(32)がFAで阪神に流出。小林宏に代わる抑え候補として獲得した新外国人のボブ・マクローリー投手(28)はキャンプ中に肩の張りで2軍落ちしてしまい、1軍復帰のめども立っていない。昨年のシーズン終盤で活躍した内竜也投手(25)も右足首を痛めて2軍で調整中だ。このため現在、外国人を中心に調査を進めている。

 過去には日本ハムが2006年に坪井智哉外野手(37)=現オリックス=に一旦、戦力外通告を行い、大幅減俸のうえ再雇用。同じく多田野数人投手(30)に対しても昨年、戦力外通告を行い、年俸800万円という格安の条件で再契約している。この例からすれば、巨人がクルーンと再契約することもあり得ない話ではない。ただ、昨年、あれだけ渡辺会長を怒らせてしまっただけに、現実的には“古巣復帰”は厳しいだろう。日本復帰があるとすれば、楽天かロッテあたりが有力候補となってくる。

 「毎年、一生懸命やって、たくさんのセーブを挙げた。問題も起こさなかったし、ファンサービスも頑張ってきた。故障も回復したから、また160キロも出せると思う」と話すクルーン。果たして、日本での「クルーン劇場」の“再演”はあるのかどうか…。


スポンサーサイト
[ 2011/03/08 09:27 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。