本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > セ強行開催にファンの審判は?                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セ強行開催にファンの審判は?

 選手会の猛反対を完全無視する形で3月25日の開幕に踏み切ったセ・リーグ。ファンはこれをどう判断するのか…。

 セ・リーグは17日、東日本大震災の影響が懸念される中、公式戦を予定通り3月25日に開幕すると発表。一方で楽天が拠点とする仙台市が甚大な被害を受けているパ・リーグは4月12日に延期すると発表した。

 パ・リーグの延期は当然として、セ・リーグの強行開催については、労組・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)が反対の声を上げ、世論も同調していた。それをあえて無視して強行開催に踏み切るのはなぜなのか。

 巨人の清武球団代表は「野球を通じて利益を上げ、それを社会に還元したり、義援金を被災地に届けたりできる。自粛するより行動する方を選んだ」と話す。だが、計画停電や放射能漏れの影響は日々、刻々と変化している。セ・リーグの開幕カードは巨人vs横浜(18時、東京ドーム)、ヤクルトvs阪神(18時、神宮)、中日vs広島(18時、ナゴヤドーム)。

 東京ドームでのナイター開催に必要な電力量は照明、空調なども含めて5~6万キロワット。一般家庭が1日に消費する電力量の約5000世帯から6000世帯分に相当する。神宮球場でも照明、スコアボードなどで1試合当たり3000キロワット以上。一般家庭の約300世帯分だ。

 昨17日には、海江田万里経済産業相が緊急会見を行い、東京電力管内で「予測不能な大規模停電発生の恐れがある」ことを発表。JR東日本や首都圏の私鉄各社が運行本数を大幅に減らしたことで、帰宅ラッシュを直撃。各ターミナル駅には長蛇の列ができるなど、大混乱に陥った。東電では今後も計画停電を行っていくが、どこで広範囲の停電が起きるかは予測できないとしている。

 そんな中でのナイターでの強行開催。はっきり言ってしまえば正気の沙汰ではない。新井選手会長はセ・リーグの決定を受けて、「選手会の要望が受け入れられずに残念な思いです。被災された方、安否不明の方、避難所で生活されている方のことを思うと…。電力が不足している中で、原発の問題がある中で『これでやっていいのか』というのが選手会の総意です」と無念を口にした。さらに、「今も東京の電力事情は大変なことになっていますよね。もし病院とかが停電したらどうするんですか?」とセ・リーグの姿勢に疑問を投げかけた。

 他の選手も反応は同様だ。選手ばかりか、監督、コーチなどからもセ・リーグの強行開催の姿勢を疑問視する声が上がっている。各球団の選手会は、きょう18日に改めて各球団の首脳と話し合いの場を持つが、セ・リーグの強行姿勢は崩れそうにない。では、ストライキか? だが、新井は「ボイコット? それが一番望んでいない結果で選手も望んでいない。自分たちは常識的なことを言っているだけなので。それをやってしまうと悲しむのはファンの皆さんじゃないですか」と否定的だ。セ・リーグが「25日開幕」と決めた以上、選手会としては為す術なく、球団の方針に従うしかないのが実情だ。

 とはいえ、これをファンがどう判断するかは別問題だ。帰宅の足もままらない状況の中で、ナイター見物に出掛ける観客がどれほどいるのか? 地震や原発の情報でテレビ各局が特番態勢を敷いている中で、ナイター中継をどれだけのファンが見るというのか?

 昨年3月26日の巨人vsヤクルトの開幕戦(東京ドーム)は日本テレビ系列で放送され、平均世帯視聴率は11.3%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。今年は3月25日に世界フィギュアと、サッカー日本代表のモンテネグロ戦がバッティングし、巨人戦の惨敗は必至と見られていた。しかし、世界フィギュアもサッカーの日本代表戦も中止に…。これが“追い風”となって巨人戦が高視聴率を稼ぐ可能性はある。だが、余震、停電、放射能漏れの恐怖の中で、どれだけの人がナイター中継を“楽しめる”のだろうか…。

 一度は「長時間かけて真剣に審議する」としていながら、一転してセ、パ分離開幕を受け入れた加藤良三コミッショナーは「賛否両論あるのは承知している。批判を甘んじて受けるのが私の責任だ」と言い切った。選手会や世論の声を無視して強行開催に踏み切った以上、批判が巻き起こるのは当然だ。それ以上に、目先の利益を優先したセ・リーグ首脳やコミッショナーには、自らの進退を賭けるほどの覚悟があるのか。ファンを無視した球団運営は必ず破綻する。「愚挙」と言ってもいいこの決定は、必ずや大きな反動となって、プロ野球界を揺さぶることになるだろう。


スポンサーサイト
[ 2011/03/18 09:22 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。