本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > 本当の斎藤佑樹はどっち?                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本当の斎藤佑樹はどっち?

 楽天戦で先発初勝利を挙げた日本ハム・斎藤。すでにローテ入りは確定しているが、まだ謎めいた部分も多く…。

 東日本大震災復興支援のチャリティー試合が3日、各地で行われ、札幌ドームでは日本ハムのドラフト1位ルーキー、斎藤佑樹投手(22)が楽天戦の先発マウンドに上がった。右袖に喪章をつけての登板。この試合はTBS系列で東北各県にもテレビ中継された。

 そんな中で斎藤が“怪”投を演じた。プレーボール直後の初球、141キロの直球を先頭の松井稼に中前に運ばれ、続く聖沢への3球目は左中間を破るタイムリー三塁打に。わずか4球で先制点を許した。さらに鉄平への2球目の変化球が高めに抜け、暴投で2点目を献上。その後、左翼手中田の打球処理ミスもあり、3失点(自責2)を喫した。初回でいきなり5安打を浴びる波乱の滑り出し。ところが、二回以降は別人のような投球で無失点に抑えた。

 二回は一死から松井稼に左越え二塁打を許したが、続く聖沢、鉄平を連続三振。三回は山崎、高須、岩村を三者凡退。四回は2死から中村、松井稼に連続安打を許したが、聖沢を二ゴロに仕留めて無失点。五回は1死から山崎に四球を与えたが、続く高須を投ゴロ併殺。結局、この日は5回80球を投げて8安打3失点。味方打線の援護もあって、先発としては初の勝利投手となった。

 斎藤は「納得いく投球ではなかったけど、二回以降は立ち直れたかなと思います。ずっといい当たりが続いていたので、修正しないといけない」と振り返ったが、笑顔はない。一回は外角中心の組み立て。二回以降は変化球を有効に使い緩急で要所を締めた。

 斎藤はオープン戦初先発となった3月21日の阪神戦(札幌ドーム)で3回13安打9失点とメッタ打ちに遭い、続く3月27日のロッテとの練習試合(札幌ドーム)では一変して5回2安打1失点(自責0)という好投を演じている。この日の斎藤は、ちょうど“ダメな斎藤”と“いい斎藤”をミックスさせたような内容だ。

 梨田監督は「一回の3失点はチームも本人にも重たかったが、(味方が)追いついた後に抑えたのが斎藤らしい」と評価したが、手放しでの絶賛というわけではない。この日の最高球速は143キロ止まりで、斎藤も「直球はまだまだ力不足だと思います。プロ野球選手として長くやっていくためには必要なもの。究極は空振りを取れる直球を投げたい」と課題を口にする。この日浴びた8安打のうち、5球がその直球を狙い打たれたもの。楽天打者の印象も「直球はちょっとたれる。これといったボールもないので当てやすいし、追い込まれても怖くない」と総じて“大したことはない”といった口ぶりだった。

 “ダメな斎藤”と“いい斎藤”、一体どっちが本物なのか? 一つ考えられるのは捕手との相性だ。好投した3月27日のロッテ戦ではプロ9年目の正捕手、鶴岡と組んだ。一方、打たれた3月21日の阪神戦とこの日の楽天戦は、まだキャリアの浅い3年目の大野が女房役だった。この日は大野のサインに3度首を振る場面があり、バッテリー間の呼吸について尋ねられた斎藤は「大野さんと数多く組んだわけではないので、まだ合わない部分がありますが、この前(3月21日の阪神戦)よりは合ってきたと思います」と答えている。だが、鶴岡は3月31日に自打球を顔面に受けて陥没骨折の重傷を負い、開幕戦は絶望。復帰のめどは立っていない。

 今後は、鶴岡復帰まで、大野といかに呼吸を合わせていくかも課題となってくる。その大野は「前回登板した時と今回で、こうしたら打たれる、こうしたら抑えられるというパターンが両方出たので、今後はもっといいリードができると思う」と話す。

 斎藤は今後、10日のイースタン戦、対ヤクルト(戸田)で調整登板した後、17日のロッテ戦(QVCマリン)で公式戦デビューすることが有力だ。いいのか悪いのか、今ひとつ、つかみどころのない斎藤…。いざ公式戦に突入すれば、その謎めいた部分も次第に明らかにされていくことだろう。


スポンサーサイト
[ 2011/04/04 09:48 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。