本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > 横浜、ついに身売りへ!                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横浜、ついに身売りへ!

 かねてからウワサのあった横浜の身売りが現実味を帯びてきた。

 昨年オフには巨人の投手コーチだった尾花高夫氏(53)を監督に引き抜き、積極的な補強も行ってチームの立て直しを狙った横浜だが、その甲斐もなく3年連続の最下位。しかも、3年連続して90敗以上という屈辱的な記録も達成してしまった。

 その横浜を親会社のTBSがついに見限ることになった。関係者によると「もともとTBSは球団経営には積極的ではなかった。野球人気の低迷もあって、もうこれ以上球団を持つメリットはない。TBS自体も経営が苦しく、横浜は“お荷物”的な存在だった」と話す。視聴率の伸び悩みや広告収入の減少などで、TBSは10年3月期連結決算で、23億1300万円もの赤字を計上。厳しい状態が続いている。

 そもそも、TBSが2002年にマルハから140億円で横浜を取得した際も、積極的な買収ではなかった。当初、予定されていた身売り先はニッポン放送だったが、ニッポン放送の関連会社であるフジテレビがヤクルトの球団株を所有していたことから、野球協約が禁じる「他球団の株式所有」(複数球団支配)にあたるとして一転してTBSへの移行が決まった。この際、球団保有者変更に伴う追加加盟料30億円は免除されたが、TBSは横浜に赤字補填として年間約20億円の広告宣伝費を支払っている。

 現在の横浜の株主構成は、TBSの持ち株会社である東京放送ホールディングスが約51.5%、フジメディアホールディングスが約30.8%、BS-TBSが約17.7%。TBSとしては東京放送ホールディングスとBS-TBSを合わせた約7割の株を売却したい考えだ。

 気になる売却先としては、すでに3社の名前が挙がっている。住宅設備メーカーや建材メーカーを傘下に持つ「住生活グループ」(本社・東京)、IT関連企業の「フェイス」(本社・京都)、そして大手食品加工会社の「日清食品ホールディングス」(本社・東京、大阪)だ。

 このうち、最も可能性が高いのが「住生活グループ」で、同社は「INAX」や「トステム」などを傘下に持ちながら、グループとしての知名度が低く、球団の保有でブランドイメージの向上につなげたいとの思惑がある。

 巨人の渡辺恒雄球団会長(84)も30日、「かなり無理してベイスターズを大洋からTBSに替えた。俺が巨人のオーナーの時に尽力したんだよ。30億円の加盟料もパーにして。TBSの事情もあるし、今の不況ではしょうがないな。野球協約の精神にのっとってまともな実業家、まともな企業が買い取ってくれれば仕方ない」と発言。横浜の身売り交渉が進んでいることを認めた。

 「住生活グループ」にはすでに、横浜の主催試合の半数近くをプロ野球招致に熱心な新潟県で開催する計画もあるという。

 球団の保有者を変更して、来季から参入するためには11月30日までに実行委員会とオーナー会議の了承を得なければならないが、ネックとなるのはやはり、株式の売却価格。「住生活グループ」社内にも慎重論があるといわれ、交渉がまとまるかどうかは、まだ予断を許さない。果たして、“お荷物球団”にいったいいくらの値段がつくのか。

 実現すれば2004年の楽天以来となるオーナー企業の変更。シーズン中はまったくいいところのなかった横浜だが、一気にオフの主役に躍り出た。今後しばらくは横浜の動向から目が離せなくなりそうだ。


スポンサーサイト
[ 2010/10/01 08:31 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。