本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > 落竜王手、際立つ頭の差                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

落竜王手、際立つ頭の差

 やっぱり落合監督の方が頭が良かった? 次々と策を的中させる頭脳プレーで、知将の評価は再び急騰しそう…。

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦(21日、ナゴヤドーム)は、中日が2-0で巨人に連勝。きょう22日の第3戦で勝つか引き分けるかで3年ぶりの日本シリーズ進出が決まる。

 落合監督にとって、もはや巨人は日本シリーズに向けた“練習台”にすぎないのかもしれない。この日の第2戦は、先発の吉見が八回途中まで5安打の力投。2点リードのまま左腕の高橋につなぎ、九回一死となったところで、監督自らがマウンドに向かった。次打者は左の高橋由だったが、あえて右腕の浅尾を投入。浅尾は高橋由を二ゴロ、長野を右飛に打ち取り、守護神・岩瀬を温存する余裕で試合を終わらせた。

 この起用について落合監督は「いろいろ考えないといけない。(第1戦での)球数が多かったというのもある」と、岩瀬が前日に22球を投げていたことを理由に挙げ、「最後を経験させるなら、こういうでっかい舞台がいい。後ろに絶対的な抑えが控えているのだから、浅尾も安心して投げられたんじゃないか?」と続けた。

 つまり、岩瀬に次ぐ守護神候補として期待される浅尾に大舞台の経験を積ませると同時に、岩瀬を休ませるという一石二鳥の策。30日から始まる日本シリーズを見据えた用兵で、巨人にしてみれば完全にナメられた格好だ。

 「知将」といわれるだけあって、今回のCSでも落合監督の頭脳プレーは冴え渡っている。象徴的なのが1軍の全選手を登録抹消させるという荒技だ。

 中日にとって懸念されていたのは、レギュラーシーズン最終戦からファイナルステージまでの17日間のブランクだった。同じ間隔だったパ・リーグ優勝のソフトバンクは結局、試合勘を取り戻せず、ロッテの前に敗退した。

 だが、落合監督は最終戦2日後の10月4日に前代未聞の全選手抹消を敢行。「一から競争させる」という方針で選手の危機感をあおった。出場選手28人を登録したのはCS直前の19日。ブランクというハンディを見事に逆手に取った格好だ。

 落合監督は中日新聞に連載しているコラム「読む野球」(毎週火曜日掲載)で「CSは最大でも6試合。その6試合で状態のいい選手と悪い選手が出てくる。うまく調整できた選手もいれば、できなかった選手もいる。突然痛みを訴える選手が出てきて抹消してしまうと、その選手はそれ以降のCSには出られない。あらかじめ抹消しておけば、状態がよくなった時点で登録でき、戦力になる」と解説している。

 選手の全員抹消については、FA権取得のための日数が減るという批判もあったが、これについても「CSは公式戦扱いだが、出場できるのはセ、パともに3チームずつ。ほかの3チームはもう試合がない。チームによってシーズン終了の日は違ってくるのだ。これだけをとってもあいまいで、規約そのものを整備する必要がある。全員抹消したのは、制度への問題提起の意味もあった」と理路整然と反論している。

 何かと批判されることも多い落合監督ではあるが、勝てば官軍のこの世界。実際に落合監督が結果を出している以上、素直にその手腕を認めざるを得ないだろう。中日が巨人にストレート勝ちした2007年のCSでは、巨人の渡辺恒雄球団会長に「落合の方が頭が良かったということ」と言わしめたが、その評価が再び上がることは確実。中日が3年ぶりの日本一を達成すれば、改めてオレ竜采配が脚光を浴びることになる。


スポンサーサイト
[ 2010/10/22 08:11 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。