本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > ナベQ、パンツ作戦的中だが…                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナベQ、パンツ作戦的中だが…

 早大・大石を6分の1の確率で引き当てた西武・渡辺監督。ただ、昨年の雄星の例もあるだけに…。

 今ドラフトで最多の6球団が競合したのが、早大の守護神、大石達也投手(22)。横浜、楽天、広島、オリックス、阪神、西武の順でくじを引き、西武・渡辺監督が残りくじで当たりを引き当てた。

 渡辺監督は、封筒の中身を確認すると、渾身のガッツポーズ。「本当に信じられない。何か、怖いです」と声を震わせた。今季はクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで敗れたものの、強運ぶりは健在。まさに“くじ王”と言っていい。

 昨年のドラフトでも同じく6球団が競合した花巻東の菊池雄星を引き当てており、2年連続で6分の1を当てて見せた。昨年は、花巻の地酒「南部美人」を飲み、花巻東のスクールカラーである紫色のボールペンを持ってドラフトに臨んだが、今年の験担ぎはパンツだ。

 前夜、自宅のタンスを物色し、早稲田カラーのえんじ色のパンツを発見。「もろ、早稲田カラーのえんじ。わざわざ買ったって? 家にあったんだよ」と渡辺監督は大興奮。これには外れくじを引いた楽天・星野新監督らも苦笑いするしかなかった。

 今季の西武のチーム防御率はリーグ最下位の4.19。それだけに最速155キロ右腕に対する期待は高い。大学では抑え投手だったが、渡辺監督は「プロでは1年目から先発で行かせたい。プロでやるからにはアタマ(先発)です」と明言。「スケールの大きい、息の長い投手に育って、球界のスーパーエースになってほしい」と期待を込めた。

 ただ、「今年のドラフトで一番評価の高いピッチャー」というだけに、これからが大変だ。何しろ、昨年は「20年に1人の逸材」といわれた雄星を引き当てながら、結局1年目は開花させることができずに終わった。いくら6分の1のくじを当てたところで、戦力にならなければ意味がない。

 渡辺監督も「いい投手なんで、今から責任があるなという感じです」と気持ちを引き締める。大石が雄星の二の舞になろうものなら、「ただ、くじに強いだけの監督」と評価はガタ落ちしてしまう。今度こそ、育成の失敗は許されない。



スポンサーサイト
[ 2010/10/29 08:32 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。