本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > 内川、流出は決定的か                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

内川、流出は決定的か

 横浜の内川がFA宣言。球団は全力で慰留する構えだが、「金の問題ではない」というだけに難航は必至…。

 かねてから今季取得した国内FA権の行使を表明していた横浜の内川聖一内野手(28)がFA宣言解禁日の8日、さっそく横浜市内の球団事務所を訪れて申請書類を提出した。

 その後の記者会見では「(希望球団を)どこかに絞っている感じは全くないし、(候補が)複数あるかも分からない。『さあ、やるぞ!』と思わせてくれるチームに行きたい」とし、獲得の意思を持つすべての球団と交渉のテーブルにつく考えを示した。

 これに対して、横浜は4年10億円の大型複数年契約を提示。球団としては最大限の誠意を示した格好だ。

 だが、横浜残留の可能性について内川は「今年ウチは大改革して、選手を補強しても結果が変わらなかった。やるからには勝ちたい。今のベイスターズでやっていくことに、悩む要素がなかったらどんなに楽か」と、最下位に終わった球団の強化方針を疑問視。さらに「宣言して残留するなら、相当な勇気が必要だろうし、相当な覚悟も必要」と、決別を臭わせる発言も飛び出した。

 内川にとって、決め手となるのは金ではない。「自分の中で納得できる額は、そんなに高いものじゃない」と金銭にはこだわらない方針で、判断基準は「さあ、やるぞ」と思わせてくれるチームかどうか。あくまでも球団としてのビジョンを最優先にする構えだ。

 このため、代理人もつけず、自らが交渉にあたる。「ウチに来てるFAの選手は苦しい状況に見えて仕方ない。周りからは『代理人をつけたら』と言われたが、実際に(移籍先に)行ってみて違うのは避けたかった。自分の耳で聞いて、口でコミュニケーションを取って交渉したい」と内川。手数料で稼ぐ代理人任せにすれば、必然的に好条件のところで話がまとまってしまう。だが、内川はあえてそれを避けるため、自らが“交渉人”となり、金額だけでは推し量れない球団のビジョンを見定める構えだ。

 FA宣言選手の交渉が始まるのは18日から。今季、全試合に出場して打率.315をマークした内川には複数の球団が獲得に名乗りを挙げると見られているが、金ではないビジョンを示せるかどうかがカギとなる。

 横浜としても、他球団との話し合いが終了した後に、再び内川との話し合いを持つことを希望しているが、「やるからには勝ちたい」という内川の要求を満たすのはかなり難しそう。3年連続90敗以上という横浜はかなり不利な状況だ。

 横浜のもう1人のFA有資格選手である村田修一内野手(29)は「何が最善なのか決めきれない部分がある。今週中には、はっきりさせたい」と態度を保留している状態だが、横浜が最下位脱出の明確なビジョンを示さない限り、内川に続いて主力選手が続々と流出する事態になりかねない。

 まさに、勝てないことで選手が流出、それがさらにチームの弱体化を招くという負のスパイラル…。破談に終わった身売り話が再燃する可能性も高く、横浜の将来は依然として混沌としている。



スポンサーサイト
[ 2010/11/09 09:41 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。