本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > ノムさん、女狂いの田中に「バカ」                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノムさん、女狂いの田中に「バカ」

 婚前旅行発覚の楽天・田中をノムさんが「バカ」と一刀両断。その一方で日本ハム・斎藤には太鼓判を押したが…。

 斎藤よ、田中にはなるな―。きょう9日に札幌ドームで公開入団会見を行う日本ハム・斎藤佑樹投手(22)が今年の「ゆうもあ大賞」に選ばれ、都内で行われた表彰式に出席した。

 1959年に創設された「ゆうもあ大賞」は、その年の世の中に明るい話題を提供した著名人に贈られるもので、野球界では、巨人・原辰徳監督が1995年の現役引退セレモニーで残した「私の夢には続きがあります」との言葉が受賞。昨年は野村克也元楽天監督の「ぼやき」が選出されている。

 今回の斎藤は、あの「何を持っているか確信しました。それは仲間です」の名言が評価されての受賞で、アマチュア野球選手としては史上初。会見では初めてワイドショーリポーターの洗礼も浴びた。

 また、前年の受賞者でプレゼンターを務めた楽天・野村克也名誉監督とも初対面。斎藤は「『来年からよろしくお願いします』と、あいさつさせていただきました。オーラがあって、球界を代表する指導者の方だと感じました」と恐縮しきり。野村氏は「近くで見たり、握手するのは初めて。手は温かかった。投手らしい性格には見えないね。謙虚で捕手タイプじゃないかな」と分析し、「制球と配球で生きていくタイプでしょ。だから捕手が問題だな。生きるも死ぬも捕手次第。彼も賢そうだから。プロでやっていく間に相手の打者も覚えていくだろうし。自分でちゃんと投げられるんじゃないの」と活躍に太鼓判を押した。

 プロ入り後は、4年前の夏の甲子園の決勝で投げ合った“マー君”こと楽天・田中将大投手(22)とのライバル対決が注目を集めることになるが、野村氏にとって田中は教え子だけに、「パ・リーグとしては、たいへんな財産というか。いい商品、目玉対決ができたね」と期待を寄せる。

 ところが、田中が交際中のおバカタレント・里田まい(26)とバリ島に婚前旅行に行っていたことに話が及ぶと、口調が一変。「バカじゃないか、あいつは。あいつの教育は間違った」とバッサリ斬り捨てた。

 田中は野村氏が楽天監督を務めていた昨年夏にもグラビアアイドルのもりちえみ(今年9月に結婚し芸能界を引退)との“お泊まりデート”が写真誌に激写されており、その後、田中が6試合、56日も勝ち星から見放されると、野村氏は「あの女は“さげまん”やな」とボヤいたものだった。

 今回の田中が当てはまるかどうかはともかく、女にうつつを抜かして本業の野球がおろそかになってしまうのはよくあるケース。また、売り出し中の女性タレントがわざと写真誌にスクープさせて売名行為に使うこともしばしばある。話題性十分の斎藤は格好のターゲットとなるだけに、“ハニートラップ”には十分注意が必要だ。

 だが、芸能リポーターから恋愛について突っ込まれた斎藤は「来年以降じゃないですか? 今は全然、考えてません」と優等生的な発言。野村氏も「大丈夫やろ。(田中とは)全然違う」と、斎藤の女性問題は心配なしとの見方だ。

 グラビアアイドル→おバカタレントと華麗な女性遍歴を続ける田中に対して、当面の恋愛を封印した斎藤。好対照な2人の対決は、果たしてどちらに軍配が上がるのか…。


スポンサーサイト
[ 2010/12/09 09:19 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。