本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > 星野、新布陣の危険な賭け                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

星野、新布陣の危険な賭け

 楽天・星野監督が草野の一塁起用を明言。野村克也氏は「野球を知ってるのか?」とあきれ顔だが…。

 楽天の星野仙一監督(24)が24日、地元テレビ4局の情報番組をはしごし、ファンにサポートを呼びかけるとともに、今季のチームの新布陣を明らかにした。

 星野監督はすでに20日にフジテレビ系の仙台放送に生出演済みで、この日はNHK仙台、日本テレビ系の宮城テレビ、テレビ朝日系の東日本放送、TBS系のTBCテレビの4局をはしご。仙台の地元局すべてを“電波ジャック”した。

 「仙台の人にちゃんとあいさつしておきたい」との思いからだが、楽天は昨年、最下位に低迷したこともあり、主催試合の観客動員数は、前年の1試合平均1万6711人から5.1%減の1万5856人と低迷。もちろん、12球団の中でも最低で、JリーグのJ1ベガルタ仙台の1万7332人に抜かれたことでも話題となった。星野監督のテレビ局巡りには、“新生楽天”をファンにアピールする狙いも込められているようだ。

 番組の中で星野監督は「今年のパはものすごい競り合いになる。選手には優勝を狙いにいこうと言おうと思っている。シーズンに入ったらつらいことも多いけど、キャンプは楽しみですよ」と、優勝を狙うことを宣言。また、漫画「ゴルゴ13」のファンであることを明かすなど意外な一面も披露した。

 さらには、現時点での構想にも言及。三遊間は岩村明憲内野手(31)、松井稼頭央内野手(35)の元メジャーコンビを置き、二塁には、俊足で若手成長株の内村賢介内野手(24)を抜擢する。まあ、ここまでは順当だが、“サプライズ”は一塁にプロ6年目となる草野大輔内野手(34)を起用することだ。

 草野は29歳だった2005年のドラフトで楽天から8巡目指名を受けてプロ入り。異例ともいえる高齢での入団となったが、そのバッティングセンスについては野村克也元監督(75)が「天才」と認めたほど。5年間の通算成績は打率.285、23本塁打、184打点をマークしている。

 内外野をこなすユーティリティープレーヤーではあるが、一塁を守った経験はほとんどなく、昨年に途中出場で1試合あるだけ。星野監督は「一塁にしては小さすぎるけど、ヘタよりはいい」と説明し、守備に難のあるランディ・ルイーズ内野手(33)よりも草野を選んだ格好だ。

 しかし、星野監督が認める通り、身長170センチという“小ささ”が最大のネックだ。これまで12球団で一番背の低かった一塁手は巨人の小笠原道大内野手(37)の178センチで、他球団は軒並み180センチから190センチ以上の大型選手を置いている。

 草野の一塁コンバート案には球団関係者からも不安視する声が挙がっているほか、元楽天監督で名誉監督でもある野村克也氏も「野球を知ってるのか? 何で一塁に大きいのを置くかといったら、高い送球が来たときに、大きければ背伸びすれば届く。小さいのだと、ジャンプしたらセーフになる」とあきれ顔だ。特に今年は、メジャーでは送球難を理由に遊撃から二塁にコンバートされた松井稼が再び遊撃を守るだけに、守備の乱れから大崩れする危険性をはらんでいる。

 昨年の最下位から下克上Vを狙う星野楽天だが、果たして、野球のセオリーを無視するかのような大胆布陣がどう出るか…。


スポンサーサイト
[ 2011/01/25 09:20 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。