本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > プロ野球 > 星野楽天、まずは野村色一掃                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

星野楽天、まずは野村色一掃

 楽天・星野監督がゼロからのスタートを宣言。野村元監督の“影”を払拭できるか…。

 星野仙一監督(63)率いる新生楽天は1日、沖縄県・久米島でキャンプをスタートさせた。

 前日、仙台空港からチャーター機で久米島入りした楽天一行は、夜に全体ミーティングを行い、早速、星野監督が熱血漢らしく、約10分間に及ぶ熱い訓示を行った。

 ちょっと長くなるが、その内容はざっと、こんな内容だ。

 「去年までは忘れよう。この6年、それなりに頑張ってきたと思うけど、白紙に戻そう。実績はあるけど、ゼロから君たちを見る。みんなも野球が好きだろう。私も野球に感謝している。野球が好きだ。もっと、もっと野球に恋して、野球を愛さないと。ファンの期待に応えることは出来ない。私もこの年になって、初めて知った。何でも相談して来い。裸の付き合いがしたい。クライマックス進出、ではCSに出ることも出来ない。優勝を信じよう。念じて、念じて、念じてくれ。優勝が近づいてくる。1球、1歩、ひと振り。一つ一つ、念じてプレーしよう。そうすればファンの期待に応えることが出来る。大いに感動して、優勝しようや! 胴上げを夢見て! 私がいる間に楽天の初優勝、したいんや! 大いに羽ばたいて、大いに暴れてくれ」

 注目すべきは、冒頭の「この6年間を忘れて白紙に戻す」との言葉だ。それというのも、楽天ナインの野球観に最も大きな影響を与えているのが、6年間のうち4年間にわたって指揮を執った野村克也名誉監督(75)の野球理論だ。

 星野監督と野村氏の“微妙な関係”については、1月24日のコラムでも触れているが、星野監督が2008年の北京五輪で惨敗を喫したあたりから関係が悪化。野村氏は星野監督の北京での采配をバッサリと批判し、昨年、星野監督が楽天の新監督に決まった際も「球団は大変だよ。お金がかかる」「私は理を持って監督をしていたが、星野は恐怖を持って戦う。弱いチームだからカッカするのは目に見えている。選手は戸惑うと思う。特に被害を受けるのはキャッチャー。嶋は覚悟をしておいた方がいい。いずれにしても優勝は難しい」などと否定的な見方を示していた。

 当然、星野監督としては面白かろうはずがない。さらに今季、楽天が好成績を収めたとしても「野村遺産のお陰」などと評価されてしまってはたまらない。それだけに星野監督としては、何としても野村氏の“影”を払拭しておきたいわけだ。

 野村氏が監督を務めていた際は、得意のボヤキでよくフロント批判をしていたものだが、この日、島田亨オーナーが「星野監督は熱いよ。200度だ」と持ち上げると、すかさず星野監督も「オーナーの方こそ口調は静かだが熱い。300度くらい」と返して“蜜月”ぶりをアピール。

 また、野村氏が懸念を示していた星野監督の“恐怖政治”についても、「私は勝負には厳しいが、普段はただのおっさんや。私の過去の映像を見て、そのへんの物を蹴ったり、扇風機を蹴飛ばしたりしたのを見たかもしれないが、あれはほんの一部に過ぎない」と選手に語りかけ、“鉄拳制裁”のイメージから脱しようとしている様子だ。

 野村氏が「知将」と呼ばれるのに対して、星野監督は「闘将」と称されている。その熱さは冒頭の訓示にもよく表れているが、全くタイプの違う指揮官とあって、選手が戸惑う恐れは十分にある。

 果たして、「優勝しようや!」との熱い鼓舞が、どこまで楽天ナインに伝わるか…。北京五輪の惨敗で失墜した星野監督が再び株を上げるためには、楽天に染みついた野村色をどこまで一掃できるかにかかっている。



スポンサーサイト
[ 2011/02/01 09:39 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。