本間普喜のホンマのところ… TOP > スポンサー広告> スポーツ > 石川遼ブチ切れ事件と“モンスターファン”                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石川遼ブチ切れ事件と“モンスターファン”

 男子ゴルフの石川遼が珍しく怒りをあらわにした“事件”は記憶に新しい。ゴルフ日本一を決める日本オープン選手権の最終日(18日)、6番ロングの4打目。ピンまで約40ヤードのバンカーショットを打とうとした瞬間、観客の携帯電話からカメラのシャッター音が鳴り、スイングを中断。その方向をにらむと、右手で太ももを2度もたたき、怒りをあらわにしたのだ。

 この記事について早速、本紙の読者サービス室に“抗議”の電話があった。いわく、「あのさわやかな遼クンが、シャッターの音ぐらいで怒るわけがない」というのだ。

 おそらく石川のファンなのだろう。現場で取材した本紙記者は「誇張でも何でもなく、本当に怒っていた」と証言する。いったい、石川が「怒るわけがない」というのはどういう根拠なのだろうか。

 石川の登場で男子ゴルフ界はにわかに活気づいた。ギャラリーの数も2006年当時は43万8772人だったのが、右肩上がりに増えて、昨シーズンは52万人を突破した。だが、ファンの増加とともに、マナー違反が目につくようになったのも否めない。プレー中の撮影は禁止。携帯電話も電源を切るのがマナーだ。ところが、これを守らない人が実に多い。コースの係員が注意しても「金を払っているんだからいいだろう」と開き直られることもあるという。

 宮里藍が逆転優勝したSANKYOレディースの最終日(11日)でもこんなことがあった。宮里藍がホールアウトした時点で首位の全美貞とは1打差。「優勝はもうないな」とあきらめていたという。ところが、全美貞が最終18番の第3打を池に入れ、タナボタで優勝が転がり込んだのだ。

 この時の心境について宮里藍はブログにこうつづっている。

 〈ミジョンさんが池に入れてしまった時の拍手、私としてはとても心が痛かったです。非常にその拍手が残念で仕方ありませんでした〉

 米ツアーでは誰に対してもいいプレーには惜しみなく拍手が送られ、ミスにはため息が漏れる。それを思うと日本のマナーはまだまだ発展途上と思わざるを得ない。

 ひいきの選手を応援したい気持ちは分かるが、時としてその行為が選手を怒らせたり、悲しませたりもする。熱心な応援のつもりでも、もしかしたら“モンスターファン”になってしまっているのかも…。(本間普喜)

(2009年10月27日付 産経新聞運動面に掲載)
スポンサーサイト
[ 2009/10/27 10:07 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。