本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年06月07日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恐るべし「プレーヤーズ・デー」の呪い…

巨人 0-2 日本ハム(6月6日、東京ドーム、観衆=45507人)

 6月6日の日本ハム戦(東京ドーム)、巨人は9安打を放ちながらも残塁の山を築いて2試合連続の零封負け。先発した沢村をまたも見殺しにした。沢村はプロ最短の5回2失点(自責1)で降板し、これで4敗目だ。防御率は2.20と好投しているのに、まだ2勝しかできていない。

 巨人は14試合連続1けた安打と、貧打ぶりは相変わらずだが、この日の“戦犯”は坂本だ。四回、日本ハム先頭の飯山の打球は平凡な遊撃へのゴロだったが、坂本がこれを一塁へ悪送球。続く稲葉がライトへのヒットで無死一、三塁とし、一死後、ホフパワーが四球で出塁して満塁に。ここで沢村が暴投で1点を献上し、さらに、陽のセンターへのタイムリー2ベースで2点目を入れた。

 坂本が「僕のエラーがなければ展開は全然違っていた」と悔やんだ通り、坂本の緩慢なプレーが沢村のリズムを崩したと言ってもいいだろう。

 ちなみに、この日は巨人恒例の「プレーヤーズ・デー」で、6日は背番号「6」を付ける「坂本勇人デー」だった。坂本は巨人の中でも最も人気のある選手で、試合前に行われた記念撮影会の抽選には早朝から約1000人ものファンが列を作った。

 しかし、その“主役”が失点のきっかけとなるエラーをやらかし、打席でも5打数無安打とまるでいいところなし。二回は2死満塁の先制機に初球を打ってセンターフライ。九回裏は2死一、二塁で、一発が出ればサヨナラという場面だったが、センターフライに打ち取られて最後のバッターとなった。

 「最後の打席はなんとかつないでいこうと思ったけどダメでした」とガックリの坂本。攻守に精彩を欠いたプレーに原監督は「本人が一番悔しがっていると思う」とかばったが、滝鼻卓雄オーナー(71)は「これだけお客さんが来ているのに申し訳ない。見るに値する試合をやってもらいたいね。いい試合を展開していかないと、お客さんも少なくなる。9安打で1点も入らない試合をやってはいけない」と苦言を呈した。滝鼻オーナーは、今日7日の株主総会でオーナーを退任。オーナーとしては最後の観戦となった試合とあって「最後は勝ってほしかったけど、なかなかうまくいかないね」と寂しそうに話した。

 巨人の「プレーヤーズ・デー」はこの日が今季6度目だが、呪われていると言ってもいいほど裏目となっている。5月11日の横浜戦(東京ドーム)は「阿部慎之助デー」だったが、本人は開幕直前に右ふくらはぎの肉離れを起こして2軍調整中で本人は不在。試合も3-4で競り負けた。続く5月12日の横浜戦(東京ドーム)は「内海哲也デー」。金刃が先発し、西村、越智、久保、ロメロのリレーで2-1の勝利だったが、内海の出番はなし。観衆は今季の東京ドームで最低の3万6472人という寂しさだった。

 5月23日のオリックス戦(東京ドーム)は「長野久義デー」だったが、長野は4打数1安打と目立った活躍はなく、試合も1-4で敗れた。5月25日のソフトバンク戦(東京ドーム)は「アレックス・ラミレスデー」。ラミレスは4打数1安打で、試合も1-2で敗れている。5月26日のソフトバンク戦(東京ドーム)は「高橋由伸デー」。高橋は4月26日のヤクルト戦(静岡)で右翼フェンスに激突した際に左肋骨を骨折しており、これまた主役不在のイベントとなった。試合も1-2で敗れている。

 そして、昨6月6日の「坂本勇人デー」と、ここまで6試合の「プレーヤーズ・デー」で巨人は1勝5敗だ。選手との記念撮影や来場者プレゼントがあったりと、ファンには好評なイベントではあるが、なぜか、主役が不在であったり、活躍できなかったり、戦犯になったり、登板機会がなかったり、勝てなかったりと、巨人にとってはちょっとした“厄日”となっている。

 今後は6月30日のヤクルト戦(東京ドーム)の「松本哲也デー」、7月1日の中日戦(東京ドーム)の「小笠原道大デー」、7月8日の広島戦(東京ドーム)の「沢村拓一デー」が予定されているが、果たして“プレーヤーズ・デーの呪い”から抜け出すことができるかどうか…。
スポンサーサイト
[ 2011/06/07 12:07 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。