本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年05月16日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

星野、大博打はどう出る?

ロッテ 1-5 楽天(5月15日、QVCマリン、観衆=26210人)

 楽天がシーズン中としては異例の大量8コーチを配置転換。この大博打はどう出るか…。

 楽天は15日のロッテ戦(QVCマリン)で5-1の快勝。42歳のベテラン、主砲・山崎の2安打3打点などでロッテ先発の渡辺俊を粉砕した。今季最多の12安打をマークし、星野監督も「久しぶりに連打を見たね。これで気分よく交流戦に入れるな」と笑顔を見せた。

 しかし、試合後、衝撃的な発表があった。シーズン中としては極めて異例な大量8コーチを配置転換するというものだ。

 異動はきょう16日付。磯部公一1軍打撃コーチ補佐(37)が2軍打撃兼外野守備コーチに降格。永池恭男1軍内野守備走塁コーチ(37)も育成担当(野手)に降格された。代わりに本西厚博1軍外野守備走塁コーチが1軍打撃コーチ補佐となり、関川浩一2軍外野守備走塁コーチ(42)が1軍外野守備走塁コーチに昇格。種田仁2軍内野守備走塁(39)も1軍内野守備走塁コーチに昇格した。この他、小坂誠育成コーチ(37)が2軍内野守備走塁コーチに、広橋公寿育成チーフコーチ(54)が2軍打撃コーチに、安部理2軍打撃コーチ(48)が育成チーフ兼打撃担当コーチになるというものだ。

 2軍から1軍に昇格した関川、種田両コーチは、星野監督の中日監督時代の教え子。日頃から「このチームには闘争心が足りない」とボヤいていた星野監督だけに、“星野イズム”を浸透させようとの意図がうかがえるが、シーズン中の大規模な内閣改造は博打といってもいい。

 星野監督は14日には、年俸1億5000万円の2年契約で獲得した岩村明憲内野手(32)を不振を理由に2軍落ちさせている。岩村はここまで打率.169、本塁打ゼロ。体重もオーバー気味とあって、元メジャーリーガーだろうが、成績が悪ければ容赦なく2軍に落とすということを示した格好だ。今回の大量コーチ配転も、結果を重視する星野監督の厳しい姿勢を打ち出した格好だ。

 しかし、今回のコーチ陣の配置転換に関しては、チーム関係者からも疑問の声が挙がっている。それというのも楽天は、4月を9勝6敗の貯金3、首位に1ゲーム差の2位と好スタートを切ったが、5月は3勝8敗1分けと急失速。この日のロッテ戦でも序盤で主導権を握ったとはいえ、三回以降は無得点と、決してチームの状態は万全とは言えない。その一番の元凶はチーム打率.227、12球団最低の62得点という貧打線だ。打撃部門の責任者はといえば、田淵幸一ヘッド兼打撃コーチ(64)。チーム防御率は2.73と健闘しているのだから、不振の責任を問われるとしたら、真っ先に田淵コーチの名前が挙がっていいはずだ。ところが、田淵コーチは大学時代からの星野監督の盟友。阪神監督時代、2008年の北京五輪でもともに戦った仲間だ。星野監督としてもこの腹心を切るわけにはいかず、結局、“補佐”に過ぎなかった磯部コーチを2軍に落としてお茶を濁した格好だ。

 「星野監督は一見、勝負に徹しているようであって、実際は情にもろい。今回のコーチ人事にもそれが現れている。北京五輪で失敗した反省は全く生かされていない」と球団関係者は指摘する。

 「金メダルしかいらない」と公言していた2008年の北京五輪で、星野監督は田淵ヘッド兼打撃コーチとともに、山本浩二氏(64)を守備走塁コーチに起用した“仲良し内閣”で臨み、4位という惨敗を喫した。当時の星野監督に対する世間のブーイングはすさまじく、翌2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では星野監督が指揮を執ることが既定路線だったにもかかわらず、急きょ、巨人の原辰則監督(52)に代表監督が託された。原監督がWBC2連覇を達成して称賛を浴びたのに対して、星野監督の地位は失墜した。星野監督が楽天の監督としてユニホームを着るのは、その北京五輪以来だ。

 星野監督としては、何としても北京での汚名をそそぎたいところ。そのためには、何としても楽天を浮上させなければならない。だが、小手先でコーチを代えたところで貧打が解消されるはずもなく、問題は山積している。加えて、この日は、先発のラズナーが初回に右足内転筋の痛みを訴え緊急降板するなど、盤石だった投手陣にも陰りが見え始めている。

 明日17日からは交流戦。初戦は長年、星野監督が闘志を燃やし続けてきた巨人をKスタ宮城に迎えるが、果たして、コーチ入れ替えの効果が出るのかどうか…。巨人も小笠原、高橋、亀井と故障者が続出しているとはいえ、決して侮れない相手。早速、星野監督の力量が試されることになる。

(成績は2011年5月16日現在)


スポンサーサイト
[ 2011/05/16 10:15 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。