本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年04月25日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

“斎藤ワールド”の謎…

日本ハムの斎藤佑樹がまたしても勝った。これは実力?

楽天 3-5 日本ハム(4月24日、ほっともっと神戸、観衆=18873人)

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、斎藤佑樹投手(22)が24日、楽天戦(ほっともっと神戸)に先発し、6回を8安打3失点で今季2勝目を挙げた。

 プロ初先発となった前回、17日のロッテ戦(札幌ドーム)では5回6安打4失点(自責点1)という内容で、「勝った」というよりも「勝たせてもらった」という感じだったが、この日も同様、運も味方しての2連勝。これといったすごい球があるというわけでもなく、この日の最高球速は140キロ。二回には山崎、ルイーズにソロ本塁打を浴びるなど、再三走者を背負う苦しい投球だったが、終わってみれば勝っていた。

 前回のロッテ戦で金森打撃コーチは「いい当たりが正面を突いたり、エラーで自責が付かなかったり、“佑ちゃんワールド”に引きずり込まれた感じ」と表現したが、楽天の田淵ヘッド兼打撃コーチも「あの子を助けてしまった。低めの変化球に手を出すか、出さないかが、決め手になるんだけど…」と首をひねった。

 斎藤は「前回に続いてバックの先輩方に助けてもらってラッキーな勝ち方だった。打たれた球もたくさんあったが、結果は良しという感じ」と笑顔を見せた。

 この日、最も強運ぶりを発揮したのは4-2と2点リードで迎えた六回だ。先頭の山崎が三塁への内野安打で出塁。続く高須は粘りながらフルカウントとなったが、外角低めのボール球を空振りして三振。一塁走者の山崎はスタートを切っていたため、併殺となった。「高須が空振りすることはまずないと判断して走ったんだけど…」と山崎は振り返った。確かに高須はここまでの11試合で三振はこれが3つ目。ボール球に手を出すこと自体が珍しい。

 この後、岩村が左翼へ二塁打、続くルイーズが左中間へタイムリーを放って1点を失ったが、なんと、ルイーズが二塁を欲張ってタッチアウト。この回を最少失点で乗りきって、勝ち投手の権利を持ったまま降板した。

 斎藤は「六回はまぐれでアウトを取れました。3アウトともまぐれで取れたんです」と話したが、確かに高須の三振併殺、ルイーズの暴走と、ちょっとあり得ないような展開だ。高須が素直に四球を選んでいれば、大量失点となっていたところだった。

 ここら辺が斎藤の「持っている」と言われるゆえんか。2本塁打を含む8安打を浴びながらも、なぜか勝つ。デビュー戦2連勝について斎藤は「長くやれば1勝はまぐれでもできるが、2勝目には意味がある。まっすぐ主体が理想だが、打たれないなら変化球主体でもかまわない。臨機応変に投げたい。こういう投球をしていれば、勝てるんじゃないかと。不安が少しずつ消えていきます」と確かな手応えをつかんだ様子だ。

 まぐれだろうが奇跡だろうが、結果を出していることは事実。「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉は元楽天監督の野村克也氏が好んで使った言葉だが、この不思議さが“佑ちゃんワールド”の真髄だ。

 ちなみに、この日の観衆は1万8873人。ほっともっと神戸でのこの3連戦は、楽天・田中が先発した22日の初戦が5633人、23日の第2戦は1万2212人。独特な“佑ちゃんワールド”が敵を飲み込み、ファンを引きつけている格好だ。果たして、このまま白星を積み重ねていくことになるのか…。斎藤の投球から目が離せなくなってきた。

(成績は2011年4月24日現在)


スポンサーサイト
[ 2011/04/25 09:25 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。