本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年03月22日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

際立つセとパの温度差

 臨時オーナー会議を開いて一早く節電対策を決めたパ・リーグ。これに対して、セの連中と来たら…。

 パ・リーグは21日、東日本大震災の被害拡大を受け、都内で臨時オーナー会議を開いた。文部科学省から要請を受けた節電対策として、東京電力と東北電力管内では4月中のナイターを行わないことを決め、3時間半を過ぎて新しい延長回に入らないことも決めた。

 この日の臨時オーナー会議に参加したのは、楽天・島田亨オーナー(議長)、西武・後藤高志オーナー、日本ハム・大社啓二オーナー、オリックス・宮内義彦オーナー、ソフトバンク・笠井和彦オーナー代行、ロッテ・瀬戸山隆三球団社長の6人。会議は今回の大震災で命を失った方への黙とうで始まった。

 まず最初に決められたのが節電対策だ。東京電力、東北電力管内では4月のナイターを開催しない。18日の文科省要請に沿って、4月下旬まで予定される計画停電中のナイターを完全放棄した。屋根付きの西武ドームでも照明を可能な限り点灯しない。その上で、「被災者の心情を最優先とし、政府からの要請を最大限に配慮しながらきわめて厳しい条件の中でも公式戦144試合とクライマックスシリーズ(CS)を守る」(楽天・島田オーナー)との決意を示した。

 このため、発表済みの予備日にも試合を実施し、月曜にも試合を組む。雨天中止などがあれば、最大13連戦、20連戦の可能性も出てくるが、選手会に対して理解を求めていく考えだ。

 大震災による影響は、今後も刻々と変化していくため、島田オーナーは「必要とあらば、またオーナー会議を開く。集まるのが無理ならば、電話やメール連絡でもやります」と、今後も臨機応変に対応していく構えだ。

 記者会見には出席者6人全員が同席。会見後には囲み取材が行われたが、「そろそろいいですか?」と報道陣に質問を終わらせようとさせた楽天球団関係者に対し、島田オーナーは逆にストップをかけた。「大丈夫だから。大事なことだから、全部質問を受ける」と懇切丁寧に全ての質問に答えた。

 このパ・リーグ首脳の臨機応変な対応ぶり、誠実さは見事というほかない。これに対してセ・リーグ首脳は、なんと情けないことか…。

 15日の実行委員会では開幕日について継続審議としながら、翌16日には選手会の反対を押し切る形で当初の予定通り3月25日に開幕する方針を打ち出し、17日に正式発表された。この決定について日本プロ野球機構(NPB)やセ・リーグ各球団には抗議が殺到。18日には、海江田万里経済産業相、高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相、石原慎太郎東京都知事らが相次いで懸念を表明した。

 これを受けて19日に開かれたセ・リーグの緊急理事会では、たった4日だけ開幕を先送りし、3月29日に開幕という子供だましのような決定がなされた。しかも、4月5日からは東京電力、東北電力管内でもナイターを実施するという。この非常識な対応ぶりには誠意の欠片すら伺えない。

 今回のパ・リーグ首脳の迅速な対応ぶりで、改めてセ・リーグの非常識さ、無策無能ぶりが浮き彫りとなった。セ・リーグの暴走を止められない加藤良三コミッショナーも、改めてその意思決定力のなさが問われている。この非常事態になぜ、セ・リーグのオーナーたちは立ち上がらないのか…。今後もセ・リーグの泥縄式の対応が続くようなら、ファンから再び厳しい批判が巻き起こるのは必至だ。


スポンサーサイト
[ 2011/03/22 09:17 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。