本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年03月16日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あきれ返るセの非常識に非難殺到!

パが開幕延期を決めたのに対して、セは強行開催を主張。セの暴走ぶりにはファンからも非難の声が…。

 15日の午後4時から都内ホテルでセ・リーグとパ・リーグの理事会が行われた。東日本大震災の被害が広がる一方の宮城県・仙台を本拠地にする楽天が所属するパ・リーグは、25日の開幕予定を最大で1カ月程度延期する方針で全会一致。これに対してセ・リーグは予定通りに25日に開幕する方針を決めた。

 この決定はすぐさまツイッターなどのネット上に流れた。すると、ファンからは「セ・リーグは何を考えているのか」「こんな時期に商売優先なのか」「常識がなさ過ぎる」などと一斉に非難の嵐が起こった。

 セ・リーグの強行開催の理由は「野球をやることで復興の後押しになる」「開幕延期は公式戦の試合数減にもつながりかねない」「セ、パ同時開催にメリットはない」などというものだった。

 その後開かれた12球団による実行委員会では、両リーグの意見がかみ合わずに平行線。プロ野球は、セ・パそれぞれのリーグ運営が独立しており、リーグの理事会に運営方針を決める権利がある。このため、セが予定通りに強行開催、パが延期と、分離開催されることが決まりかけていた。サッカーのJリーグや25日に開催予定だった日本代表のモンテネグロ戦、バレーボール、バスケットボール、ゴルフ、陸上、スキー、フィギュアスケート、アイスホッケーなど、あらゆるスポーツが中止になっている中、セ・リーグだけが25日の強行開催に踏み切っていれば、どんな非難を浴びていたことだろうか…。

 そこへ「待った!」をかけたのが、労組・日本プロ野球選手会だ。実行委員会を中断して開かれた年金運営委員会で、新井貴浩選手会長(34)=阪神=らが「セ、パ同時開幕延期」を緊急提案。これを受けて、最高の権限を持つ加藤良三コミッショナー(69)が断を下した。「大きな問題。状況が状況だ。どう前に進めるか時間がかかっても仕方がない」として、各球団にさらなる熟考を促し、継続審議することが決まった。

 新井選手会長は「一刻も早く野球をすることで、勇気づけたいというのは分かるが、果たして25日に開幕していいのかということを伝えた。(選手の)大多数がそういう意見。何百年に1度の大災害が現実に起こり、まだ続いている」と話し、開幕を延期する代案として、25日からの週末にヤフードームなどでチャリティー試合を開催することや、公式戦144試合確保のため、ダブルヘッダーなどの過密日程にも協力することを提案した。

 日本プロ野球選手会の松原徹事務局長(53)も「選手はこういう状況で試合をしていいのかという悩み、不安を抱えている。(開幕を)少し延期していただけませんか、と選手会の意見を伝えた。選手は厳しい日程でも144試合を消化するという考えです」と話す。

 公式戦以外のチャリティー試合やダブルヘッダーなどの過密日程は、本来、選手にとって大きな負担となるはず。それでも、被災者やファンを思い、自らの犠牲をもいとわないというのが選手会の考えだ。これに対して、興行優先、利益優先のセ・リーグ各球団のなんと情けないことか…。一体、選手と球団首脳のどっちが大人なのか、分からなくなってくる。

 巨人は15日、東日本大震災の被災地に3000万円の義援金を寄付することを発表し、日本野球機構とプロ野球12球団でも1億円の義援金を送ることを決めた。もちろん、こうした活動も必要だろう。しかし、本当に困窮し、悲しみにくれる被災者を思いやる気持ちがあるなら、25日強行開催などの非常識な判断はできないはずだ。

 今回は選手会の勇気ある決断と、加藤コミッショナーの強権発動に救われた形となったが、もし、セ・リーグが暴走して25日開幕を強行していれば、世間から大バッシングを浴びていたことは必至だ。万人単位の死者が出て、原子力発電所の相次ぐ爆発で放射能漏れまで起き、計画停電も行われるなど、東日本大震災の影響はまだ続いている。その現実を理解できないようでは、セ・リーグがファンから見放されても致し方ない。

 さらに巨人は、きょう16日、都内のホテルで巨人を応援する財界人の組織「燦燦(さんさん)会」による激励会を予定通りに行う。他球団が続々と激励会を中止する中での異例の強行開催だ。被災現場では今なお、自治体、警察、消防、自衛隊、米軍や海外からの救助隊などが懸命の支援活動を続けている。爆発事故の起きた福島第1原子力発電所では、放射能被曝の恐怖の中、東電マンが不眠不休で命がけの復旧作業を行っている。そんな中で高級ホテルに財界の歴々を集めて、酒宴を開くというのは「不適切」との批判は免れない。

 この激励会を主催するのは読売新聞社で、巨人は「招待される立場」と強調しているが、辞退するという選択肢はなかったのか? 「燦燦会」では毎年、読売グループの総帥、渡辺恒雄会長(84)のあいさつが話題となるが、今年は一体、どんな言葉で巨人を激励することになるのだろうか…。無理矢理「乾杯」に付き合わされる巨人ナインの心中も、さぞや複雑なことだろう。


スポンサーサイト
[ 2011/03/16 09:55 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。