本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年03月10日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

えっ? あの星野が泣いた?

 楽天・星野監督が古巣の甲子園で実に2693日ぶりに采配を振るった。その闘将の目には涙が…。

 昨9日は、デーゲーム、ナイターを合わせて5試合のオープン戦が行われた。観客動員ではナイターのソフトバンクvs巨人(ヤフードーム)の2万5810人が最多だったが、残る4試合はデーゲーム。平日ともあって客の入りは今ひとつだったが、デーゲームの中で最多の8771人の観衆を集めたのが甲子園球場で行われた阪神vs楽天戦だ。

 もちろん、阪神人気もあるが、2003年10月24日以来、実に2693日ぶりに聖地・甲子園に“凱旋”した楽天・星野仙一監督(64)の効果も大きかった。今回は阪神の“敵”として三塁側ベンチ。ユニホームも縦じまからえんじ色に変わったが、試合前にはかつての教え子、桧山、関本、下柳、新井や、コーチ陣らが次々とあいさつに訪れた。阪神ファンからも「星野さん、お帰りなさい」という声援も上がった。

 さすがの闘将も感慨深げ。かつて、数々の激戦を繰り広げたグラウンドを眺めながら、その目には、なんと涙が…。

 驚く報道陣に対して星野監督は「久しぶりの甲子園で感涙かって? アホか!」と一蹴。「花粉症で涙と鼻水が止まらないんや。現役時代は全くなかったのに、監督になってから症状が出るようになった。特に地方球場に行くと花粉がバンバン飛んでいて、たまったもんじゃない」と涙の理由を説明した。

 闘将らしく、涙は感傷ではなく花粉症だと言い張ったが、2月20日から始まったこれまでの楽天のオープン戦7試合は、いずれも屋外球場での試合。花粉症なのは本当かもしれないが、涙を見せたのはこの日の甲子園球場が初めてだ。8年ぶりの甲子園球場での采配に心を揺り動かされたとしても不思議ではない。

 事実、この日、星野監督にあいさつに訪れた阪神関係者も「星野さんも年を取ったのかなぁ。以前と比べるとかなり丸くなった。なんだか寂しいね」と明かしている。

 年を取れば誰でも涙腺が弱くなり、涙もろくなるもの。かつては喧嘩っ早い闘将として鳴らした星野監督もすでに64歳。孫もいる“おじいちゃん”だ。

 とはいえ、闘将はやはり闘将。甲子園球場で見せた涙を「花粉症」の一言で片づけた通り、楽天の最下位脱出のためには感傷は無用だ。阪神とのオープン戦はこの日が最初で最後だが、3月18、19、20日には、これまた因縁の対中日3連戦が控えている。負け犬根性の染みついた楽天を浮上させるには、星野監督が過去のしがらみを振り切り、どこまで“鬼”に徹するかにかかっている。


スポンサーサイト
[ 2011/03/10 09:18 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。