本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年02月25日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マエケン、お泊りデートで罰金!

 広島・前田健が美人モデルとのお泊りデートを激写された。これも一流選手の証明か…。

 昨年、投手部門のタイトルを総なめにし、一気にブレークした広島・前田健太投手(22)に、また新たな“タイトル”が加わった。

 25日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)が「美人モデルを呼び寄せお泊り愛」のタイトルで前田健の熱愛ぶりを報じているのだ。

 お相手はグラビアアイドルでモデルの相原なな(23)。スリーサイズはB84、W57、H84というナイスバディーの持ち主で、しかも、趣味は「ガンダム」! ブログのタイトルも『なな行きま~す!!』と、かなりのガンダムオタクとして有名だ。

 同誌によると、キャンプ休日前日の2月17日夜11時半、相原の運転する日産マーチが宮崎・日南の広島選手宿舎前に現れ、待つこと10分。ホテルの正面玄関ではなく暗がりから現れた前田健を乗せると、車は山の上に立つ白亜のリゾートホテルへ…。

 そのまま2人は一夜を過ごし、翌日ホテルをチェックアウトしたのは午後0時半。その後1時間ほどドライブして、日南の海を一望できる猪崎鼻公園で2人の世界を堪能したという。階段をのぼっていた相原のヒップを前田健が後ろからワシ掴みにするなど、ラブラブぶりが伝えられている。

 2人を乗せたマーチが選手宿舎に戻ったのは午後2時過ぎ。2人はチュッとサヨナラのキスを交わして別れたという。

 もちろん、前田健は独身だし、22歳の年頃の男なら、恋をするのも当然だ。「お泊り愛」自体、別に“スキャンダル”というわけではないが、問題は門限を破って外泊してしまったこと…。広島は休日前であっても、門限は午前0時と定めている。

 前日に『フライデー』から記事掲載の報告を受けていた広島の宮脇敏チーム管理グループ長兼球団部部長(58)は24日午前、前田健から事情聴取し、本人も「軽率でした。注意します」と事実を認めて謝罪。宮脇チーム管理グループ長は「法に触れることをしたわけではないし、成人で独身だし、誰と恋愛しようがいい」としながら、「ただ、団体行動なので門限は守らないといけない」と、厳重注意と罰金の処分を下した。

 罰金の額は公表されていないが、前田健は昨年12月20日に、年俸4800万円から一気に7200万円増の1億2000万円で契約を更改。さらに、タイトル料として3000万円もプラスされた。“1億5000万円投手”にしてみれば、門限破りの罰金ぐらい、どうってことないのも確か。男だらけの窮屈なキャンプ生活の中で、美人モデルとラブラブな一夜を過ごした事は、むしろ絶好のリフレッシュとなったはずだ。

 それでも、24日の練習後、前田健は「反省しています。時間は悪かったので…」と言葉少なにコメント。相原との“熱愛”自体については否定しなかった。

 昨年、5位と低迷した広島の中で、前田健は獅子奮迅の活躍を演じた。15勝8敗で防御率は2.21。最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最優秀バッテリー賞、最優秀投手賞、ベストナイン、ゴールデングラブ賞に加え、沢村賞にも選出されて8冠を達成。一躍「マエケン」の名を全国に知らしめた。

 ただ、広島という地味な球団(失礼!)ということもあって、あまりプロ野球に詳しくない人にとっては「マエケン」といってもピンと来ないのも確かだ。1988年生まれのいわゆる「ハンカチ世代」には、日本ハムの斎藤佑樹投手をはじめ、楽天の田中将大投手、巨人の坂本勇人内野手、沢村拓一投手、西武の大石達也投手、中日の堂上直倫内野手、ヤクルトの増渕竜義投手ら、そうそうたるメンバーが揃う。

 こうした同期の中で、田中は2009年にタレントのもりちえみ(26)との“お泊り愛”がフライデーされ(現在はタレントの里田まいと交際中)、坂本も2009年にモデルの里海(24)との“通い愛”をフライデーされている。『フライデー』に狙われるというのは、ある意味、一流スター選手の証明と言ってもいい。これが二流の選手なら、わざわざカメラマンが選手宿舎に張り込んだりはしない。

 今季は新球のフォークボールに挑戦するなど、さらなる進化を目指している前田健。門限破りの罰金は余計だったが、「フライデーされちゃった」という新たな“勲章”(?)を手に、今年はさらにブレークすることになるかも…。


スポンサーサイト
[ 2011/02/25 09:12 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。