本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年02月07日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

佑ちゃん人気は本物か?

 日本ハム・斎藤がファンに揉みくちゃにされる事態に発展! だが、そのファンの実態は…。

 昨6日は、キャンプインしてから初めての日曜日。各球団のキャンプ地には大勢のファンが詰めかけた。さて、どの球団が一番人気なのか。球団発表の観客数を一覧にしてみると…。

 1位 ソフトバンク 1万9000人
 2位 巨人 1万5500人
 3位 阪神 4500人
 4位 日本ハム 3000人
 5位 ヤクルト 2700人
 6位 ロッテ 2000人
 7位 西武 1600人
 8位 中日 1500人
 9位 オリックス 1200人
 10位 横浜 800人
 11位 楽天 756人
 12位 広島 450人

 あれれ? 同じ九州・福岡に本拠地を置くソフトバンクの宮崎キャンプがトップなのは当然だとしても、今年のプロ野球の目玉は日本ハムの注目ルーキー、斎藤佑樹投手(22)じゃなかったっけ? 宮崎と沖縄という人口規模やアクセスの利便性の違いはあるにせよ、実際は沖縄・宜野座の阪神キャンプにも及ばないというのが現実だ。

 それでも、昨年の日本ハムキャンプの最初の日曜日は、わずか200人だったというから、“佑ちゃん効果”で実に15倍にも膨れ上がったことになる。

 日本ハムでは、新庄剛志外野手が日本球界に復帰した2004年の名護キャンプで2月11日に4000人を集めたのが史上最多。記録更新こそならなかったが、連日、斎藤が動けばファンも報道陣もぞろぞろと大移動するという状態が続いている。

 この日の正午過ぎには、斎藤がサブ球場からメーン球場に移動する際、選手とファンの間を仕切るロープが“決壊”。約300人のファンが押し寄せ、もみくちゃ状態にされるハプニングも起きた。斎藤は背中をバンバン叩かれ、あろうことか股間まで触られるというあり様…。

 これまで斎藤は「たくさんの人に見に来てもらってうれしい」と優等生発言を繰り返してきたのだが、さすがにこの日ばかりは「自分、あんなの初めてです。怖かった。身の危険を感じなかったと言ったらウソになります」と“恐怖の体験”を振り返った。

 他球団のファンが純粋に「野球」を見に来ているのに対して、斎藤の場合はまるでアイドルの追っかけのよう。奇しくもこの日は、青森・三沢高のエースとして、女性ファンの人気を集めた“元祖甲子園のアイドル”、太田幸司氏(59=野球解説者)が番組の収録のために訪れていた。その太田氏は「僕のときは黄色い声援だったけど、斎藤はファンの色が違う感じがするね」と話す。

 確かに太田氏の場合、ファンは女子高生が中心だったが、斎藤のファンはそれよりも年齢層がかなり高め。熟女世代が中心だ。爽やかで好青年の斎藤を、自分の子供にダブらせているファンも多い。球団関係者も「斎藤の人気は、かつての韓流ブームに近いものがある」と話す。

 韓流ブームは2000年頃から始まったが、2003年にNHK-BSで放送されたペ・ヨンジュン主演のドラマ『冬のソナタ』で一気に頂点に達した。韓流スターが来日すると熟女ファンが成田空港に殺到し、追っかけ状態に。ペ・ヨンジュンは「ヨン様」とあがめられて、『冬のソナタ』のロケ地にまでファンが訪れるなど、一種の社会現象にまでなった。

 しかし、2005年以降は、韓流ブームも自然と収束。今ではそれほど騒がれることもなくなってしまった。そう、韓流ブームに代表される熟女ファンは熱しやすく、時にはロープやフェンスを“決壊”させるほどのパワーを持っているのだが、ブームが去ると、途端に冷めてしまうという一面も併せ持っている。

 熱しやすく冷めやすい熟女ファンが今の斎藤人気を支えているのだとすれば、空前の“佑ちゃんブーム”も一過性で終わってしまう危険性を十分にはらんでいる。

 「技巧派にはなりたくない。松坂さんやダルビッシュさんのように、いつかは真っすぐで空振りが取れるような投手になりたい」と、本格派投手を目指す斎藤。果たして、熟年女性の熱い視線をいつまで集め続けていくことになるのか…。


スポンサーサイト
[ 2011/02/07 09:02 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。