本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年01月26日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

佑ちゃん、好感度が急上昇!

 日本ハム・斎藤がまたまた母性愛をくすぐる発言。今でも人気抜群の斎藤だが、好感度はさらにアップすることになりそう…。

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、斎藤佑樹投手(22)の年俸は1500万円。野球協約では給料(参稼報酬)の支払い方法や支払い期日は「球団と選手双方の合意で決定される」と定められているが、通常は年俸から税金などを差し引いた額を月割りにして銀行に振り込まれる形がとられている。

 昨25日は、斎藤にとって初の給料日。1500万円の12分の1となる125万円から税金などを差し引いた約100万円が振り込まれた。斎藤は学生時代にもアルバイトなどの経験はなく、生まれて初めての給料だ。

 普通なら、誰もが胸をときめかせる初任給。だが、報道陣から感想を聞かれると、「あっ、そうですね。まだ確認はしていません」と今更ながら気づかされた様子。厚生労働省の調べでは昨年の大卒社会人の初任給は平均で19万7400円。斎藤はいきなりその5倍強、一流大企業の部長クラス以上のお金をもらうことになる。

 プロ野球選手というと、豪邸に高級外車、高級ブランド、高級クラブでの豪遊など、とかく派手なイメージが付きまとうが、いきなり大金を手にすることで金銭感覚が狂わされ、現役引退後に借金でクビが回らなくなるというケースも多々ある。

 しかし、斎藤は「普通、大卒の初任給っていくらですか? 20万円もいかないですよね。僕もそれ以上は使わないようにします。金銭感覚を狂わせたくないので。いつか野球を卒業したあと、普通の社会人に戻れるように」とあくまでも堅実だ。

 その使い道については「ブランド品に興味がないわけではないですが、ドカンと買いそろえるのはあまり好きじゃない。ギャンブルもやらないし。寮費も食費などを含めて5万円前後しかかかりませんから。月の小遣い5万円? そんなに使わないですよ。買いたい物も特にないですし、貯金します」と話す。

 小遣いといえば、2007年のドラフトで4球団が競合した末に日本ハム入りした中田翔外野手(21)も初年度の年俸は1500万円。高卒ルーキーということもあって、月々の給与は母親の香織さんが管理することになったのだが、ルーキー当時に1カ月の小遣いが30万円であることを明かし、シルバーアクセサリーの高級ブランド「クロムハーツ」を買いあさるなど、「30万円じゃ何も買えないっすよ!」とぶっ飛び発言をかました。

 この豪快さは中田ならではの“キャラ”でもあるが、サラリーマンの1カ月の小遣いが平均4万円程度の時代とあって、「高卒のガキが月30万円? ふざけんな!」という反感も買った。

 その点、斎藤は中田とは真逆な優等生。貯金の目的についても「いつかは両親をヨーロッパ旅行に連れて行きたいんです」というから何とも泣かせる。斎藤は子供の頃、イタリア、フランス、カナダと度々両親に海外旅行に連れて行ってもらった経験がある。「子供たちには世界の広さを教えたかった」というのが父、寿孝さん(62)の思いだった。斎藤としては、自分が社会人となった今、今度は両親に恩返しがしたいというわけだ。

 現在、斎藤が自主トレを行っている鎌ケ谷スタジアムには、新入団選手への応援メッセージボードが置かれており、さまざまなメッセージが書き込まれている。特に目立つのが熟年の女性ファンからのもので、「自分の子供の名前も『佑樹』です!」などと、斎藤を自分の子供にダブらせているファンも多い。

 これまでも斎藤は「こんな体に生んでくれた親に感謝しています」と発言するなど、親孝行ぶりは有名だったが、今回、堅実さとともに改めて親思いの一面を見せたことで、熟女ファンの母性愛をさらにくすぐることは必至だ。

 早実高時代はハンカチで汗を拭く仕草が「上品でさわやか」と人気を集め、早大時代は「持っているもの、それは仲間です」との名言が世間の感動を呼んだ。斎藤の場合、それらが決してわざとらしくなく、ごく普通に振る舞えている。言動に嫌みっぽさを全く感じさせないあたりは、やはり天性のスターと言うべきか…。まだ、プロとしての一歩を踏み出したばかりとはいえ、斎藤の好感度は今後もますます上昇していくことになりそうだ。


スポンサーサイト
[ 2011/01/26 09:16 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。