本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年01月25日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青木、メジャー移籍はあきらめた?

 かつてはメジャー移籍の希望を口にしていた青木が、完全に白旗モードに。そこにはヤクルト本社の厚い壁が…。

 ヤクルトの青木宣親外野手(29)が24日、東京・新橋の球団事務所で契約更改交渉を行い、5000万円増の3億3000万円プラス出来高払いで更改。元監督の古田敦也氏の3億円(2004、2005年)を抜き、ヤクルトの日本人選手としては史上最高年俸となった。

 昨年の青木は自身2度目の200安打となる209安打をマークし、球団史上最高の打率.3584で3度目の首位打者となった。

 球団史上最高年俸については「そこを目指してやってきたわけではありませんが、これまでの日本選手の中で最も高い評価をもらったのはうれしいこと。キャンプを前に身が引き締まる思いです」と青木。とはいえ決して現状に満足しているわけではなく、「去年は数字は残したけど優勝していないし、マートン(阪神)に安打数で抜かれて中途半端な形で終わった。今年はとにかく日本一のために戦って、笑ってシーズンを終わりたい」とチームリーダーとして優勝を目指していく考えだ。

 青木は元々メジャー志向が強く、これまでは交渉の席で、ポスティングシステム(入札制度)による米大リーグ挑戦を何度も訴えてきた。しかし、今回は話題にも上らなかったという。

 というのも、ヤクルトの鈴木正球団社長は、ポスティングでの移籍を認めない方針を頑なに貫いている。青木自身もそのことは重々承知で「話は全然してないです。どうせ社長にダメって言われるから言わないんですけど。優勝してもダメなんでしょ? それは前から言ってることなんで。そういう夢は持ち続けたいですけど」と半ばあきらめモードだ。

 青木が海外FA権を取得するのは早くても3年後。球団からポスティングを認めてもらうためには、今オフ、ロッテからツインズに移籍した西岡剛内野手(26)のように、チームの日本一に貢献することとともに、抜群の好成績を残して球団が払えきれない程に年俸を高騰させるしかない。

 昨年のヤクルトは20億円弱の赤字で、他の球団と同様に経営状態は厳しい。また、今オフには守護神の林昌勇投手(34)と3年総額14億2000万円の巨額契約を結ぶなど、今後、赤字幅はさらに膨らむと見られている。これから先、青木の年俸が高騰していくようだと、さすがのヤクルトもポスティングを認めざるを得ない状況となるかもしれない。

 しかし、鈴木球団社長はあくまでも強気だ。ヤクルト本社は世界規模で事業展開しており、昨年度の純利益は132億円と堅調。鈴木球団社長は「球団を持つことで世界で信用される企業になっている」とし、20億円程度の赤字なら“宣伝費”として十分ペイできるとの考えだ。

 今後予想されるの青木の年俸高騰についても、鈴木球団社長は「また『ヤクルトは払えるのか?』とか書かれそうだけど…。それだけの成績を出せば、ちゃんと評価しますよ。入札は一切ダメだよと言ってるんだから」とキッパリと断言する。

 こうまで言われてしまうと、さすがの青木もお手上げ。メジャー移籍の夢は当分封印し、地道に3年後を待つしかないようだ。


スポンサーサイト
[ 2011/01/25 09:26 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。