本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年01月14日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1・16、鎌ケ谷に厳戒態勢!

 日本ハム・斎藤の人気は過熱の一途。新入団選手歓迎式典が行われる16日のパニックは必至の情勢だ…。

 今やプロ野球界の話題といえば日本ハムのドラフト1位・斎藤佑樹投手(22)一色。新人合同自主トレが始まったばかりだというのに、ただ「走った」「投げた」というだけでスポーツ紙の1面を飾り、テレビのワイドショーでも一挙手一投足が取り上げられ、ちょっとした芸能人並の扱いだ。

 これには、巨人のドラフト1位・沢村拓一投手(22)をはじめ、他球団のルーキーが「斎藤のことは聞かないでもらえますか。自分は自分ですから」と不機嫌になるほど。とはいえ、早実高時代から常に注目を浴びてきたスーパールーキーとあっては、これも致し方ない。

 現在、自主トレが行われている「ファイターズタウン鎌ケ谷」は、人口10万7000人ほど。梨が名産でこれといった観光名所もないが、斎藤人気で一躍、有名な町となった。鎌ケ谷市役所には連日、交通手段などを問い合わせる電話が殺到し、最寄り駅の東武野田線鎌ケ谷駅では、自主トレ開始に合わせた午前8時から10時の間の乗降客が通常の10倍になった。

 自主トレ初日の12日には平日にもかかわらず約2500人のファンが集まり、昨13日も約2000人が詰めかけた。現在、全12球団がそろって新人合同自主トレを行っているが、見学に訪れるファンは多くても数十人から100人ほど。日本ハムだけが桁違いの人気となっている。

 今でも周辺道路は渋滞し、路上駐車が後を絶たない状態だが、問題となるのは週末。土曜日は練習が休みだが、16日の日曜日には恒例の「新入団選手歓迎式典・交流会」が行われる。これまでの歓迎式典は室内練習場で行われており、定員は500人ほどだった。しかし今年は、ファンの殺到が予想されることから、鎌ケ谷スタジアムの内野スタンドを開放。2400人を収容する態勢だ。

 とはいえ、それ以上のファンが集まることは必至で球場周辺ではパニックも予想される。

 このため、所轄の千葉県警鎌ケ谷署は泊まり明けや当直、交番勤務を除いた大半の署員を投入して警備にあたる。とはいっても鎌ケ谷署の全署員は112人で、総動員させても70人程度。このため、場合によっては機動隊の出動要請も検討しているという。

 もちろん、新人のイベントに機動隊が出動するなど前代未聞。一体、1月16日はどんな騒ぎになるのか…。静かなベッドタウンだった鎌ケ谷が、かつてない厳戒態勢に包まれることになる。


スポンサーサイト
[ 2011/01/14 09:14 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。