本間普喜のホンマのところ… TOP > 2011年01月06日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イチロー、T-岡田にセクハラ!?

 イチローがオリックス・T-岡田に「Tバックを履いて来い!」と仰天指令。さあ、どうする?

 これってセクハラ? いや、パワハラと言うべきか…。マリナーズのイチロー外野手(37)がオリックスの後輩、T-岡田こと岡田貴弘外野手(22)になんと「Tバック着用指令」を出していた。

 イチローは5日、神戸市西区のスカイマークスタジアムで恒例の自主トレを公開。同じマネジメント会社「バウ企画」(本社・大阪市西区)に所属する日本ハムの注目ルーキー、斎藤佑樹投手(22)について、「うーん、いいですねえ。なかなかあの雰囲気は出ないでしょう」と話し、「僕なんて何を言っても嫌みに聞こえるけど、彼は何を言っても嫌みに聞こえないのがすごい。僕と真逆、対極のイメージがありますけどね。うれしいよね、ああいう野球選手が出てきたら。野球だけじゃなくてアスリートという括りではなかなかいない。しゃべっている雰囲気とか、それがどこから来ているのか想像しているんですけどね。対極のところにあるものはどっかで通じるものがあるとも思ってますけどね」と絶賛した。

 斎藤と直接会ったことはないものの、メディアを通して伝わる斎藤の言動や物腰が、どうやらイチローの琴線に触れたらしい。もっとも、プロでの実績のない斎藤だけに、リップサービスの要素が強い。それよりも報道陣を仰天させたのが、2008年と2009年に合同自主トレを行ったオリックスの若き主砲、T-岡田について触れたときだ。

 昨年、33本塁打を放って、王貞治以来48年ぶりとなる22歳での本塁打王となったT-岡田に対して、イチローは「実力を見立てた通り? 実際、ああやって結果を出しているわけだからね」と評価しつつ、「ただ、もう1つインパクトがいる」と新たな注文を出した。

 「あとは『T』の意味をこれからどう出していくのか。スライディングパンツ(ユニホームの下に着るパンツ)の下にTバックを履いていただくというぐらいの茶目っ気がほしいな~。これをしていけばもう、わしづかみでしょ? ファンの人たち。一部のファンは離れると思いますけど。その新しい層が必ずついてきてくれるんで。トータルはかなりのプラスになると思います。インパクトもあるでしょうしね。あの体のTバックですからね。まあ、無理ならスラパンの上からでも別にかまわない」

 T-岡田にTバック…。実は昨年12月22日にイチローはT-岡田から「またご一緒させてもらっていいですか」と合同自主トレの申し出を受けた。昨年はあいさつ程度で終わっているため、2年ぶりとなる合同自主トレにイチローは「いつでもどうぞ」と快諾。その際に、この「Tバック着用指令」はすでに“通告”済みだという。

 「実は僕はそれを彼に言っていますからね、すでに。自主トレ参加を申し出てきたということは、それを受け入れたと僕は取りました。きっと履いて出てくるはずですよ。これはT-岡田ですよね。正真正銘の。色は黒ね。試合用だから」とイチロー。わざわざ色まで指定する念の入れようだ。

 「一緒に練習したければTバックを履いて来い!」という一種の“パワハラ”に近い要求だが、大先輩、天下のイチロー様のご命令とあれば聞くしかないか…。

 といっても、決してイジメというわけではない。昨年、33本塁打、96打点、打率.284と一気にブレークしたT-岡田ではあるが、オリックスという地味なチームということもあって、全国的な知名度となると今ひとつ。もう一皮むけるためにはTバックを履くぐらいのパフォーマンスが必要というイチロー流のアドバイスでもある。

 今季のオリックスには李スンヨプ内野手(34)も加入し、主砲の座を巡る争いでも注目を集める。頑強な肉体の持ち主でゲイからも人気があるといわれるT-岡田。果たしてイチローの目論み通りに“Tバック作戦”で一気にファン増大となるかどうか…。



スポンサーサイト
[ 2011/01/06 09:34 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。