本間普喜のホンマのところ… TOP > 2010年12月20日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これが落合流“家族洗脳計画”!

 総勢290人という大規模V旅行から帰国した中日。この家族サービスには長期政権を見据えた落合監督の深謀遠慮が…。

 ハワイでの優勝旅行を終えた中日ナインと家族ら、総勢約290人が19日、中部国際空港に帰国した。海外旅行が珍しくなくなった昨今、他球団では優勝旅行の縮小や中止の傾向にあるが、「優勝旅行ってのは家族のためのものなんだ」というのが落合博満監督(57)の持論。今回も同伴者の参加制限を設けなかったために、約290人という過去最大規模の優勝旅行が実現した。

 「独身の選手は両親まで、結婚している選手は奥さんと2人、では意味がないんだ。子どもの分は追加料金、なんてやってちゃあダメ。子どもがいるのなら、みんな招待しなきゃいけない」と落合監督。一家全員はもちろん、2世帯親子や3世代に渡って参加した家族もあった。

 この家族重視スタイルは、落合監督自らが勝ち取ったもの。「最初(2004年)に優勝旅行に行くときに、子どもも招待じゃなきゃ行きませんよ、と言ったんだ。言い出したのはオレだけど、それを了解してくれた(西川)社長がたいしたものだよなぁ」とさりげなく西川順之助球団社長(78)をヨイショ。今回の優勝旅行では落合監督自ら虎のフェースペインティングを披露するなど、十分堪能した様子だ。

 今季は4年ぶりのリーグ優勝を飾ったものの、日本シリーズではロッテに敗れ、公約していた「完全優勝」は失敗に終わっている。それでも、落合監督の最大の擁護者である白井文吾オーナーは、「巨人戦に勝つこととリーグ優勝という私との2つの約束は守ってくれた」と評価。今季は対巨人戦15勝9敗と圧倒したことで面目を保った格好だ。

 だが、来季は3年契約の最終年。「球団史上初の連覇達成」が目標となるが、V逸となれば途端にその立場は危うくなる。すでに球団内部でも次期監督候補として2009年に引退した立浪和義(41)=現評論家=を推す声が強く、中でも西川球団社長自身が「2012年立浪監督構想」を描いている。

 あまりマスコミ受けしない落合監督に対して、立浪氏はファンの人気も高く、集客面でも大いに期待できる。7年間でリーグ優勝3回と抜群の戦績を誇る落合監督ではあるが、“反落合派”が着々と立浪新監督の準備を進めているのが実情で、V逸となればさすがの白井オーナーも擁護しきれなくなる。

 落合監督自身、自分の置かれている立場は重々承知で、西川球団社長をさりげなく持ち上げたり、フェースペインティングでマスコミにサービスしたりと、少しでも印象をよくしようとの思惑が見え隠れする。

 ハワイでの優勝旅行初日、落合監督はこう挨拶している。「この1週間は羽を伸ばしてゆっくりして、ウチに帰ったら亭主どものケツをひっぱたいて、また頑張らせてください」。連覇達成にはまず家族から、というところか。もちろん、来年も優勝すれば参加者無制限の優勝旅行を継続。行き先は選手によるアンケートで決めるという。

 とりあえず、選手の家族の心はバッチリつかんだようだが、果たして来季はラストイヤーとなるのか、それとも新たに長期政権を築くことになるのか。落合監督の腕の見せどころだ。


スポンサーサイト
[ 2010/12/20 09:52 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。