本間普喜のホンマのところ… TOP > 2010年11月29日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

林昌勇、結局残留の裏…

 ヤクルト・林が3年最大14億2000万円という巨額契約で残留。その裏にはしたたかな“作戦”が…。

 ヤクルトは28日、林昌勇投手(34)の残留を発表した。ヤクルトの投手としては球団史上最高となる年俸3億6000万円プラス出来高の2年契約。今季の1億4600万円から2.5倍となり、3年目は双方が合意すれば契約延長され、再契約金や出来高も含めれば最大で14億2000万円という巨大契約となった。

 以前から林は「ヤクルト残留が第一」と話していたが、交渉は難航を極め、1カ月以上に及んだ。ヤクルトの独占交渉期間は30日までで、一時は決裂かとも思われたが、27日に林が来日し、4時間半の交渉の末、28日の午前0時半に合意に至った。

 交渉に当った奥村国際担当はさすがに疲れ切った様子。「彼のピークは終わったとは思っていない。やる気も体力的にも、ピークは続くと判断した」と巨額契約に至った経緯を説明した。

 来日3年目の今季は自己最多の35セーブ、防御率1.46の成績で、ヤクルトにとってはなくてはならない守護神だが、今回の大型契約は林の「作戦勝ち」といったところだ。何しろ林サイドは、「巨人はヤクルトが提示した倍額を出すと言っている」「ロッテからは5年契約で、コーチや引退後の保証もしてくれると言っている」などと話して、移籍をチラつかせてきた。球団フロントも「巨人との争奪戦になればかなわない」と半ばあきらめかけていたほどだ。

 ところが実際は、巨人が用意していたのはヤクルトとほぼ同等の条件で「倍額出す」というのは全くのウソ。さらに、ロッテに至ってはオファーすら出していなかったという。ヤクルトにしてみれば、林の「年俸釣り上げ作戦」にまんまとハメられた格好だ。

 ヤクルトはこれまで、ペタジーニ、ラミレス、グライシンガーと優良外国人選手をことごとく強奪されており、そのトラウマから「林だけは守りたい」との思いが強かった。林側はその足元を見て巨額契約を引き出したことになる。

 林にとってはしてやったりといったところだが、これで“銭ゲバ”というイメージがついてしまったことも否めない。チーム内からは「あんなに金にがめついとは思わなかった」「年俸釣り上げのためにウソまでつくか?」といった声も出始めており、浮いた存在になりつつある。

 もちろん、年俸に見合った働きをすれば、こうした雑音も封じ込められるが、来年は35歳とベテランの領域。今季と同様の活躍ができるという保証はない。また、大型複数年契約を結んだ選手は往々にしてその地位に安心してしまい、成績が急落してしまうのはよくあるケース。果たして林は“銭ゲバ”のイメージを払拭できるかどうか…。


スポンサーサイト
[ 2010/11/29 09:50 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。