本間普喜のホンマのところ… TOP > 2010年11月11日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どうして西岡だけ特別扱い?

 ロッテ・西岡のメジャー移籍が濃厚となっている。だが、球団方針をねじ曲げてポスティングを認めればチームの「和」にひびが入る危険性も…。

 ロッテの西岡剛内野手(26)が10日、ポスティングシステム(入札制度)を利用しての米大リーグ移籍を球団に申し入れた。

 西岡は「もし優勝していなかったら来年も同じユニホームで、と思っていました。チームとしての目標、西岡としての目標だった優勝は果たせた。それで『わがままかもしれないが、僕個人の夢を追い掛けさせてほしい』と、球団に気持ちを伝えました」と、5年ぶりの日本一達成が決断のきっかけとなったことを明かした。

 また、西岡の海外FA権取得は、早くても3年後の2013年オフで、29歳になっている。そのため「日本人内野手は(米球界では)しんどいという意見が多いが、若いうちに挑戦して日本人のイメージをくつがえしたい」と、若いうちに挑戦したいという思いを強めたようだ。

 しかし、ロッテはこれまで、球団の方針としてポスティングを一切認めておらず、「メジャーに行くならFAで」という姿勢を貫いてきた。2007年オフにロッテからインディアンスに移籍した小林雅英投手(36)もFAによる移籍で、西岡のポスティングが認められれば、ロッテ初のポスティング移籍選手ということになる。

 交渉に当たった石川晃球団運営本部長(49)は「球団として『はい、分かりました』とはいえない」と説明しつつも、「かなり強い意志で話してきた。意欲は尊重したい」とし、今後は親会社のロッテ本社も交えて検討し、日韓クラブチャンピオンシップが行われる13日以降に結論を出すことになる。

 気の早いスポーツ紙はドジャース、オリオールズ、ジャイアンツなどの球団名を挙げ、すでにポスティング容認が既定路線のようになっている。しかし、認めたら認めたで、ちょっとした物議を醸すことにもなりそうだ。というのも、これまで頑なにポスティングを認めてこなかっただけに、チーム内から「なぜ、西岡だけ特別扱いするのか?」と不満の声が噴出するのは必至だからだ。

 この日は、守護神の小林宏之投手(32)も浦安市内で石川本部長と面談し、「前々から自分が思っていることを素直に伝えた」とFA権を行使してのメジャー移籍を表明。早ければきょう11日にも申請する。石川本部長は「権利だから当然、尊重します」と了承し、さらに「FAした場合は残留できないのは分かっているな」と念を押したという。ロッテの球団方針にはもうひとつ、「FA宣言して他球団と交渉したら、チーム残留を認めない」という原則があり、FA宣言はイコール、退団を意味するのだ。

 小林は2007年オフから毎年、球団にポスティングでの移籍を直訴してきたが、「ポスティングは認めない」という球団方針を盾に拒まれ続けてきた。西岡のポスティングが認められれば、小林の耐えてきたこの3年間は一体、何だったのかということになる。しかも、FA宣言すればロッテには戻れない。一方の西岡の場合、万が一入札球団がなかったり、交渉がまとまらなかったりすればロッテに戻ることができるのだ。

 よく考えてみれば、これほど不公平なことはない。選手によって球団方針をコロコロと変えるようでは、フロントに対する不信感にもつながりかねない。

 今季のロッテは「和」をスローガンにして日本一になった。西岡のいう「わがまま」を認めれば、その「和」を乱すことにもなる。しかし、認めなければ認めないで、西岡のモチベーションが一気に下がるのは必至で、これもまた問題だ。球団としては何とも難しい判断を迫られることになる。



スポンサーサイト
[ 2010/11/11 09:32 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。