本間普喜のホンマのところ… TOP > 2010年10月26日                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横浜・内川移籍は翼次第?

 FA移籍となればソフトバンクが有力とされるが、ここへ来て巨人が急浮上。そのワケとは…。

 横浜の内川聖一内野手(26)が25日、今季取得した国内FA権を行使する意向を示した。

 「FA宣言をさせてもらおうかなと思っています」。秋季練習中の横須賀ベイスターズ球場でこう明言した内川。その背景には住生活グループへの球団売却問題の影響がある。「この時期になって球団と交渉しても、納得できる話し合いができるのかは疑問。せっかく権利を取ったのだからもったいない」と内川はいう。

 もちろん、横浜としては引き留める意向だが、身売り交渉のドタバタもあって、当初シーズン終了直後にも行われる予定だった球団との会談は未だに行われていない。煮え切らない球団側に対して、内川自らがアクションを起こした格好だ。

 移籍か残留かについては「両方ですね。移籍と決まっているわけではない。五分五分」とし、「10年間ベイスターズにいたわけだし、『FAを取りました。ハイ、サヨナラ』という気持ちではない」と横浜への愛着を口にした。

 その一方で、「将来、指導者の道を歩むことになったとき、1球団だけしか知らなくていいのか。強いチームならまだしも最下位のチームだし…」と揺れる心情も吐露した。内川が横浜でプレーしたこの10年間のうち、今季も含めて最下位は7度。プロである以上、強いチームで自分を試したくなるのも無理はない。

 FA権行使となれば、ソフトバンク、楽天、阪神、中日などが獲得を検討するとみられており、中でも内川が九州(大分)出身であることからソフトバンクが最有力とされている。

 だが、ここでカギを握りそうなのが、今年3月に結婚したばかりで、この12月に挙式予定の新妻、フジテレビ・長野翼アナウンサー(29)の存在だ。内川は「(夫人からは)好きなようにしていい」と言われているというが、福岡へ移れば単身赴任、もしくは長野アナが寿退社するしかない。

 長野アナはフジテレビ「スーパーニュース」のキャスターを務めるなど報道系で、バラエティー系のアイドル女子アナとは一線を画している。元々は民放よりもNHK志望で、アイドル的なアナウンサーにはなりたくなかったというほどの硬派だ。民放関係者も「今は仕事も充実しており、脂の乗りきっている時期。寿退社は考えにくい」と話す。

 内川自身も「彼女が報道のキャスターになりたくてアナウンサーになったのを知っている。彼女自身が続けたい意向だし、僕もキャスターをやっている姿が好き」と話しており、妻の仕事を理解し尊重している。

 かといって、“翼命”の内川だけに、新婚ホヤホヤでの単身赴任は難しい判断となりそうだ。

 そこで急浮上しているのが、このオフの大補強が予想される巨人。横浜から巨人への移籍ならば夫人の寿退社も単身赴任も考えずに済む。内川にとってはまさに最適な環境といえる。

 また、内川の今季年俸は1億7000万円。横浜の日本人選手の中では上から4番目で、FA選手の格付けとしては「Bランク」に該当する。FAで獲得するには、補償選手1人プラス6800万円(年俸の40%)、もしくは補償選手なしの1億200万円(年俸の60%)が必要になるが、クルーンや李スンヨプなどの解雇で大量の余剰資金が生まれる巨人にとっては何の問題もない。

 唯一、ネックとなるのはポジション。内川は2007年に外野手にコンバートされ、主に外野を守ることが多くなったが、巨人の外野勢はラミレス、長野、谷、亀井、高橋、矢野、鈴木、松本がいて、すでに飽和状態。外野手として入り込む余地はない。ただ、今季の内川はハーパーが一塁に定着するまで一塁を守っており、一塁手として73試合、外野手として72試合と、ほぼ半々の出場となっている。一塁手としての獲得が現実的だが、巨人には小笠原を負担の少ない一塁に固定するプランもある。そうなると、2002年から2006年にかけて183試合の出場経験がある二塁手への再コンバートの可能性も出てくる。

 ただ、内川としては送球難から外野にコンバートされた経緯もあって、二塁の守備に不安を抱いていることも確か。愛する妻を思えば、横浜残留か苦手な内野守備を覚悟しての巨人移籍か。それとも、いっそ愛妻への未練を断ち切って、単身赴任に踏み切るか…。内川の悩みは相当深そうだ。


スポンサーサイト
[ 2010/10/26 08:44 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。