本間普喜のホンマのところ… TOP > プロ野球                    お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピタゴラスも驚く? ヤクルトの謎…

 プロ野球交流戦は6月15日、ソフトバンクが中日を5-3で下し、2年ぶり3度目の優勝を決めた。パ球団の優勝は交流戦が始まった2005年以来7年連続。それも17勝2敗2分けと圧倒的な強さだった(6月15日現在)。元々、地力のあるチームではあったが、昨オフには横浜・内川やオリックス・カブレラらを補強。潤沢な資金力にものを言わせた補強策は、チームを活性化させ、それが見事に結実した。フロントと現場が一体になっての勝利と言ってもいいだろう。

 さて、翌16日の夕刊フジにちょっと興味深い記事が載っていた。ヤクルトは15日の西武戦(神宮)で0-8という惨敗を喫したのだが、そのヤクルトにスポットライトを当てた記事だ。「ヤクルト不思議な首位 得失点差マイナスでも貯金6、ヘンリー理論では…」との記事で、筆者は笹森倫記者。笹森記者はセイバーメトリクス(野球における統計学分析)に精通している記者で、文章力もさることながら、電卓を片手に難しい数式をいとも簡単に操る理論派だ。セイバーメトリクスの分野においては、わが社でもナンバーワンの記者と言ってもいい。

 その笹森記者が触れているのは、ヤクルトがセ・リーグの首位を維持しながらも、得点156、失点168と得失点でマイナスとなっていることだ。ここで、笹森記者は、妥当な勝率=得点の2乗÷(得点の2乗+失点の2乗)という「ヘンリー理論」を持ち出している。この数式に当てはめると、得点の2乗は312。得点の2乗+失点の2乗は648で、妥当な勝率は、0.481ということになる。ヤクルトは15日現在、勝率.571だが、この「ヘンリー理論」でいけばリーグ3位ということになる。

 つまり、勝つ時は僅差での接戦をものにし、負ける時は潔く大敗するというわけだ。

 この「ヘンリー理論」、日本ではあまりなじみがないのかもしれないが、本場のアメリカでは「ピタゴラス予測(Pythagorean expectation)」と呼ばれ、ポピュラーなものだ。Wikipediaによると、これはセイバーメトリクスの元祖、ビル・ジェームズによって発案されたものらしい。数式で表すとこうだ。

ピタゴラス予測

 ピタゴラスの定理(三平方の定理)については中学生ぐらいで習うだろう。直角三角形の斜面の長さを表す際、直角に交わるA辺の2乗とB辺の2乗の和の平方根が斜面Cの長さになるというやつだ。もちろん、古代ギリシアの数学者、哲学者であるピタゴラスの時代(紀元前582年 - 紀元前496年)に野球というスポーツは存在していない。このピタゴラス予測は、数式がピタゴラスの定理に似ているために名付けられたものだ。

 「予測(expectation)」とうたっているだけに、得点、失点がそのまま勝率に反映されるわけではない。ただ、単純に、野球は敵よりも多くを点を取り、敵よりも少ない失点で済めば勝つというスポーツだ。得点が失点を上回るほど勝率は高くなり、逆に失点が得点を上回るほど勝率は低くなる。極端な話、失点が0で得点が1以上なら勝率は100%。逆に得点が0で失点が1以上なら勝率は0%だ。

 このピタゴラス予測自体、ビル・ジェームズ自身によって、「2乗」が「1.83乗」に改変されたりしているのだが、近年のデータからしても、おおむね計算式通りの結果となっている。もちろん、日本のプロ野球史上でも得失点差がマイナスで優勝したチームはない。

 となると、ヤクルトは史上初めて「ピタゴラス予測」を破るチームとなるのか? 交流戦後のリーグ戦再開が楽しみになってきた。




スポンサーサイト
[ 2011/06/16 19:26 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)

恐るべし「プレーヤーズ・デー」の呪い…

巨人 0-2 日本ハム(6月6日、東京ドーム、観衆=45507人)

 6月6日の日本ハム戦(東京ドーム)、巨人は9安打を放ちながらも残塁の山を築いて2試合連続の零封負け。先発した沢村をまたも見殺しにした。沢村はプロ最短の5回2失点(自責1)で降板し、これで4敗目だ。防御率は2.20と好投しているのに、まだ2勝しかできていない。

 巨人は14試合連続1けた安打と、貧打ぶりは相変わらずだが、この日の“戦犯”は坂本だ。四回、日本ハム先頭の飯山の打球は平凡な遊撃へのゴロだったが、坂本がこれを一塁へ悪送球。続く稲葉がライトへのヒットで無死一、三塁とし、一死後、ホフパワーが四球で出塁して満塁に。ここで沢村が暴投で1点を献上し、さらに、陽のセンターへのタイムリー2ベースで2点目を入れた。

 坂本が「僕のエラーがなければ展開は全然違っていた」と悔やんだ通り、坂本の緩慢なプレーが沢村のリズムを崩したと言ってもいいだろう。

 ちなみに、この日は巨人恒例の「プレーヤーズ・デー」で、6日は背番号「6」を付ける「坂本勇人デー」だった。坂本は巨人の中でも最も人気のある選手で、試合前に行われた記念撮影会の抽選には早朝から約1000人ものファンが列を作った。

 しかし、その“主役”が失点のきっかけとなるエラーをやらかし、打席でも5打数無安打とまるでいいところなし。二回は2死満塁の先制機に初球を打ってセンターフライ。九回裏は2死一、二塁で、一発が出ればサヨナラという場面だったが、センターフライに打ち取られて最後のバッターとなった。

 「最後の打席はなんとかつないでいこうと思ったけどダメでした」とガックリの坂本。攻守に精彩を欠いたプレーに原監督は「本人が一番悔しがっていると思う」とかばったが、滝鼻卓雄オーナー(71)は「これだけお客さんが来ているのに申し訳ない。見るに値する試合をやってもらいたいね。いい試合を展開していかないと、お客さんも少なくなる。9安打で1点も入らない試合をやってはいけない」と苦言を呈した。滝鼻オーナーは、今日7日の株主総会でオーナーを退任。オーナーとしては最後の観戦となった試合とあって「最後は勝ってほしかったけど、なかなかうまくいかないね」と寂しそうに話した。

 巨人の「プレーヤーズ・デー」はこの日が今季6度目だが、呪われていると言ってもいいほど裏目となっている。5月11日の横浜戦(東京ドーム)は「阿部慎之助デー」だったが、本人は開幕直前に右ふくらはぎの肉離れを起こして2軍調整中で本人は不在。試合も3-4で競り負けた。続く5月12日の横浜戦(東京ドーム)は「内海哲也デー」。金刃が先発し、西村、越智、久保、ロメロのリレーで2-1の勝利だったが、内海の出番はなし。観衆は今季の東京ドームで最低の3万6472人という寂しさだった。

 5月23日のオリックス戦(東京ドーム)は「長野久義デー」だったが、長野は4打数1安打と目立った活躍はなく、試合も1-4で敗れた。5月25日のソフトバンク戦(東京ドーム)は「アレックス・ラミレスデー」。ラミレスは4打数1安打で、試合も1-2で敗れている。5月26日のソフトバンク戦(東京ドーム)は「高橋由伸デー」。高橋は4月26日のヤクルト戦(静岡)で右翼フェンスに激突した際に左肋骨を骨折しており、これまた主役不在のイベントとなった。試合も1-2で敗れている。

 そして、昨6月6日の「坂本勇人デー」と、ここまで6試合の「プレーヤーズ・デー」で巨人は1勝5敗だ。選手との記念撮影や来場者プレゼントがあったりと、ファンには好評なイベントではあるが、なぜか、主役が不在であったり、活躍できなかったり、戦犯になったり、登板機会がなかったり、勝てなかったりと、巨人にとってはちょっとした“厄日”となっている。

 今後は6月30日のヤクルト戦(東京ドーム)の「松本哲也デー」、7月1日の中日戦(東京ドーム)の「小笠原道大デー」、7月8日の広島戦(東京ドーム)の「沢村拓一デー」が予定されているが、果たして“プレーヤーズ・デーの呪い”から抜け出すことができるかどうか…。
[ 2011/06/07 12:07 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)

今年は“阪珍”タイガース?!

 これは“珍現象”? どうも阪神の様子がおかしい。昨年は中日、巨人と三つどもえの優勝争いを演じ、優勝した中日から1ゲーム差の2位だったのに、今年は一転して、横浜と最下位争いを演じている。

 5月22日の西武戦(甲子園)では球団ワーストタイ記録の5併殺という拙攻ぶり(プロ野球記録は6)。同26日のロッテ戦(甲子園)ではマートン外野手がアウトカウントを間違えて、捕球したボールをスタンドに投げ入れるという珍プレーをやらかした。



 この試合をサンテレビで解説していた阪神OBの小山正明氏は「1点もやれない緊迫した場面でアウトカウントを間違えるなんて、とんでもないことですよ」とあきれ、真弓監督は「論外や」と吐き捨てた。

 敬虔なクリスチャンとして知られるマートンは「絶対に起こすべきことではなかった。チームに対しても、ファンに対しても過ちを謝罪します」と“懺悔”したが、今季の阪神の不振を象徴するようなプレーと言ってもいいだろう。昨年、シーズン214安打のプロ野球新記録を打ち立てたマートンだが、今季は大ボケ珍プレーで“記憶”を残すとは、神様も随分、イタズラなものだ。

 前回、同様にアウトカウント勘違いの珍プレーをやらかしたのは元巨人のクリス・レイサム外野手。2003年5月21日のヤクルト戦(福岡ドーム)だった。この時は巨人が勝ったので笑い話程度で済んだのだが、下位に低迷する阪神ではシャレにならない。

 もっとも、マートン一人を責めるわけにはいかない。打線では金本、城島、ブラゼルらがそろって不振。投手陣も、ロッテから2年総額5億円(推定)で獲得した小林宏が再三救援に失敗している。ベンチワークもただ打たせるだけの無策ぶり。継投もうまくいっているとは言い難い。

 日本プロ野球選手会が5月9日に発表した12球団の今季年俸調査(選手会所属の支配下登録選手対象)で、阪神は平均年俸5546万円で3年連続のトップ。年俸総額34億9390万円、開幕1軍選手の平均年俸1億1136万円もともに1位で“3冠”を達成している。優勝を狙えるだけの戦力は十分整っているはずなのだが、これをうまく生かせないとなれば、指揮官の資質が問われても致し方ない。関西のスポーツ紙でも、真弓監督の采配に批判的な論調が目につくようになってきた。

 ちなみに、レイサムがアウトカウント間違え事件を起こした2003年は、第1次原政権の2年目。この年の巨人は優勝した阪神から15.5ゲーム差離されての3位に終わり、前年日本一だったにもかかわらず、原監督が“人事異動”の名目で辞任している。

 真弓監督は昨オフに新たに2年契約を結んでいるが、この世界の契約はあってないようなもの。このまま阪神が浮上できなければ、解任論が噴出するのはまず避けられない。ペナントレースはまだ4分の1を消化した段階だが、果たして“阪珍”状態から脱出できるかどうか…。真弓監督にとっては早くも正念場だ。(本間普喜)

(2011年6月1日付、産経新聞運動面に掲載)

[ 2011/06/01 19:24 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)

末期? ついに、客も入らなくなった…

ロッテ 2-2 巨人 (30日、QVCマリン、観衆=9328人)

 巨人が観客動員大幅減の危機に立たされている。故障者続出で1軍半レベルの選手ばかりじゃ仕方ないのだが…。

 昨5月30日に唯一行われたプロ野球の試合がロッテvs巨人戦(QVCマリン)。日曜日の試合が三回途中、雨でノーゲームとなったために、この日に順延されたものだ。

 試合は延長十一回、3時間45分の激戦(?)の末に2-2の引き分けに終わった。昨年日本一のロッテと巨人の好カードのはずなのだが、観客はなんと、巨人戦としては今季初の1万人割れとなる9328人。いくら予備日のナイターとはいえ、これはちょっと寒すぎる。

 巨人が借金2のセ・リーグ4位に低迷していることに加え、小笠原、高橋、亀井らを故障で欠き、1軍半レベルの選手がズラリ。スタメン出場した選手で名のあるところといえば、坂本、長野、ラミレス、阿部ぐらいだ。先発投手も、昨年は主に中継ぎで使われていた高木が今季初先発した。

 巨人は一回に坂本の先頭打者ホームランで先制したが、その裏、高木が四球、死球、ヒットでいきなり無死満塁。福浦への押し出し四球で同点とされ、続く里崎にタイムリーを打たれてあっさり逆転を許した。大乱調の高木はこの回限りで降板。二回からは西村、山口、久保、アルバラデホ、ロメロと細かくつないでロッテに追加点を許さなかったが、巨人の貧打は相変わらずで、五回に古城の犠牲フライで同点に追い付くのがやっとだった。

 九回の無死一、三塁や延長十一回の2死一、二塁とチャンスはあったのだが、あと1本が出ない。負け試合でもめったに感情を表に出さない原監督だが、この日は珍しく怒りをあらわにした。

 「もう少し打者が執念を持つべきだろうね。そうでないと同じことを繰り返す。『ああハードラックだった』、『ああもったいなかった』ってね。コーチもノホホンとやってんじゃないかなと思って。執念を持って、ピリピリしてね。このチームの良さは若さ。もっと若さを出していかないと!」

 名指しこそ避けたものの、淡泊な打線への不満をぶちまけ、怒りの矛先はコーチ陣にまで向けられた。30日現在、巨人のチーム打率は.230でリーグ最下位。昨年、12球団最多の226本塁打と、豪快な打撃が売りだった巨人がこれでは観客がソッポを向いてしまうのも無理はない。

 日本テレビの細川知正社長は昨30日に行われた定例会見で巨人戦の視聴率が微増していることを明かした。開幕から5月の第4週を終えた時点で、日本テレビが中継した試合の平均視聴率は10.3%で、前年同期の9.1%から1.2ポイント上昇。また、他局を含めた巨人戦中継の視聴率も10.0%で前年同期比で0.7ポイント上回っている。細川社長は「若い人や子供たちが野球に戻ってきている印象があります」と話したが、とても劇的な上昇とは言い難い。さらに、観客動員も減少傾向にある。

 昨年の巨人主催試合の観客動員は1試合平均4万1203人で、2009年の4万0755人から増加したが、今季はここまで3万4574人と激減している。東日本大震災の影響で4月中に東京ドームが使えなかったことが大きいが、5月に入ってからも東京ドームで4万人を割った試合が9試合中4試合もある。東京ドームの4万人割れは2009年10月2日の横浜戦以来で、昨年は1試合もなかった。2009年は巨人が独走して9月23日に早々と優勝を決めており、それ以降は消化試合だった。今年は消化試合でもないのに、すでに4万人割れが4試合…。これは異常事態と言ってもいい。

 昨30日はロッテの主催試合だったが、ロッテも4位に低迷しているとあって、昨年の1試合平均2万1474人から今年は1試合平均1万6154人と大幅に減らしている。12球団全体を見ても、昨年の平均が2万5626人だったのに対し、今年は2万4272人と減少している。果たしてこれは震災の影響だけなのだろうか…。

(数字はいずれも2011年5月30日現在)
[ 2011/05/31 09:05 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)

今年もやっぱり「パ高セ低」…

 今年の交流戦でも“パ高セ低”の傾向がくっきり。セ・リーグさん、大丈夫?

 「人気のセ、実力のパ」…。昔から言われ続けてきたことだが、今年もその傾向が顕著だ。2005年に始まったセ・パ交流戦は今年で7年目。過去6年は、ロッテ、ロッテ、日本ハム、ソフトバンク、ソフトバンク、オリックスといずれもパ・リーグ球団が優勝している。特に昨年は1位から6位までがパ・リーグ、7位から12位までがセ・リーグと明暗がくっきり分かれた。

 今年も同様で、中日が健闘しているのを除けば、セ・リーグの各球団は大苦戦を強いられている。29日現在、パ・リーグの32勝23敗4分けと“パ高セ低”状態だ。

 象徴的だったのは、昨29日の西武vsヤクルト戦(西武ドーム)。不振のヤクルトは宮出を3番、ガイエルを6番、荒木を8番、福川を9番で先発起用したものの、打線のテコ入れも実らなかった。ヤクルト先発の増渕は序盤から打ち込まれ、3回4失点。打線は福川の左中間タイムリー二塁打による1点だけで、終わってみれば1-10の大敗を喫した。

 ヤクルトは2連敗で、ついにセ・リーグ首位の座から転落。交流戦の順位でも2勝7敗1分けで最下位に沈んでいる。交流戦前まで.682あった勝率は、交流戦で.222と急落。リーグ1位だったチーム打率.273も交流戦では.198とまるで別のチームに変わってしまった。

 対照的に西武は4連勝。交流戦前までは9勝14敗1分けでパ・リーグ5位だったが、交流戦では8勝2敗と好調で、リーグ3位、交流戦2位とすっかり息を吹き返した。まさに交流戦さまさまだ。

 試合後、ヤクルトの小川監督は「投手陣は、いつもいつも好投というわけにはいかず、こういう日もあります。打線はこれだけ点を取れない以上、何かを変えないと…」と話したが、もはや打つ手がないのが現状。伊勢総合コーチは「セとパで投手力に差があるのは間違いない。逆に、パの打者にとっては交流戦が稼ぎ時やろ。セの先発投手陣は、厳選したところでタカが知れとる。増渕レベルは屁のカッパやないか? あれくらいの投手は、パにはゴロゴロおるから、中継ぎやろな」と投手力の差を敗因に挙げた。

 実際、パ・リーグには防御率1.46のロッテ・唐川を筆頭に、防御率1点台が11人もいるのに、セ・リーグの防御率1点台は5人しかいない。交流戦は2連戦ずつのカードで日程的にも楽なため、好投手を惜しみなく注ぎ込めるのもパ・リーグの強味だ。

 それにしても、セとパでどうしてこうも格差があるのか。本来、ドラフトは12球団平等で、戦力が偏ることはないはずだ。

 セとパの一番の違いは指名打者(DH)制があるかないかだろう。DHのあるパ・リーグの投手は打者9人と対戦しなければならない。1番から9番までまったく気を抜くことが出来ないのだ。また、自分が打席に立つ必要もないため、投球に集中できる。一方、セ・リーグは9番バッターが投手で、いわゆる“安全パイ”。バントなどの小技を仕掛けてくることはあっても、長打や一発を警戒する必要はあまりない。投手にとっては一呼吸置くことができる。また、好機で投手に打順が回ってくると、代打を送られるケースが多くなる。総じてセ・リーグの投手は長いイニングを投げずに済む。この違いがパ・リーグに好投手が育つ理由かもしれない。

 加えて、選手補強の違いも大きい。人気があり資金力も豊富な阪神や巨人は、FAで他球団の有力選手や外国人選手をかき集め、なかなか若手にチャンスが回って来ない。昨オフに内川、カブレラ、細川を他球団から補強したソフトバンクは例外だが、他のパ・リーグ球団は、それほど資金力が豊富というわけではなく、自前で選手を育てるのが基本線だ。このため若手が出場機会を得て大きく育つ結果となっている。

 果たして、このまま“パ高セ低”の傾向が続くことになるのか…。7年連続でパ・リーグが交流戦優勝ともなれば、「人気のセ、実力のパ」どころか、「人気もパ、実力もパ」ということにもなりかねない。昔はセ・リーグの球場が満員なのに対して、パ・リーグの球場はガラガラというのが定番。外野席で流しそうめんができるほどだった。だが、最近はパ・リーグも着実に観客数を増やしつつある。昨年の観客動員数はセ・リーグが1230万8022人で、パ・リーグが983万2981人。まだ開きはあるものの、セ・リーグが前年比96.9%と減らしているのに対して、パ・リーグは前年比101.3%と増やしている。このままパ・リーグ球団にやられっぱなしのようなら、セ・リーグ首脳も何らかの方策を考えざるを得なくなるかもしれない。

(成績はいずれも2011年5月29日現在)

[ 2011/05/30 09:19 ] スポーツ プロ野球 | TB(0) | CM(0)
※ ご注意!
当サイトのコンテンツは、あくまでも本間普喜一個人の見解を元にしたものです。
産経新聞社の見解を代表するものではありません。
プロフィル

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes...or should I?

Author: 本間 普喜
(ほんま ひろき)

1963年5月7日、横浜生まれ
1987年、産経新聞社入社
職業:ライター
好きな食べ物:極上の本マグロ、アルコール類全般…
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。